夢野久作全集〈4〉 (ちくま文庫)

  • 98人登録
  • 3.70評価
    • (7)
    • (8)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 夢野久作
  • 筑摩書房 (1992年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (436ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480026743

夢野久作全集〈4〉 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いなか、の、じけん
    ヘンテコな話(記事)ばっかりだけど、これが一応ノンフィクションだとしたら……いなかならあり得るのかしら?と思わせられるのが面白い

    巡査辞職
    めずらしく(?)ちゃんとしたミステリもの
    でも真実を暴いたことへの後悔っていう話の持っていき方は空を飛ぶパラソルに通じるものがある

    笑う唖女
    たった一度の過ちが悲劇を……ちょっと乱歩っぽい?

    眼を開く
    この郵便局員になぜかやたらと情が入ってしまいものすごく切なかった。

    空を飛ぶパラソル
    夢野久作が記者をやっていたからこそ重みがある話だなあと。

    山羊髯編輯長
    こっちは同じ記者ものでも痛快で面白かった。
    もうちょっと読みたかった。

    斜坑
    主人公には幸せになってもらいたかったけど…やっぱりキチガイになっちゃったのかなー

    外国の黒穂
    そういう時代だったのかなあ?と思いつつ、けどその時から抗議が来てるってことはやっぱりその辺の考えがまだ前時代的だったのかしら。
    話は普通におもしろかった

    女坑主
    はっきりとした共産主義者への批判めいた話

    名君忠之
    夢野久作が書く聡明な少年はすごく生き生きしててかっこいい

  • 2009/
    2009/

    いなか、の、じけん 巡査辞職 笑う唖女 眼を開く 空を飛ぶパラソル 山羊髯編輯長 斜坑 骸骨の黒穂 女坑主 名君忠之

  • 久作の作品に登場する青年記者が好みです。いい意味で人間的。
    利己心の塊ではあるんだけど、真剣になればなるほどからまわりするのは運命なのか(笑)。馬鹿だな〜と思いつつ、愛しい。気づけば癒し系。

  • かなり気になっている作家さん。今度図書館で探してみようかな。
    瓶詰地獄とドグラ・マグラなどは有名

  •  「空を飛ぶパラソル」面白かったです。<br>
     私はこの人の文章も好きだし、内容もそれなりに好きなんですけど、何より情景描写とか場の作り方とかが好きなのじゃないかと思い始めてます。場の作り方自体も好きだし、それを凄く巧みに描写するから、この人の小説を読んでいると尋常じゃない綺麗な景色が頭に浮かぶんですよ……。<br>
     しかも、綺麗でいてエロティックで、毒があって。<br> これに、ぱたぱたと畳み掛けるようなラストが合わさると最強だと思います。

全5件中 1 - 5件を表示

夢野久作の作品

夢野久作全集〈4〉 (ちくま文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

夢野久作全集〈4〉 (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする