夢野久作全集〈6〉 (ちくま文庫)

  • 78人登録
  • 3.56評価
    • (3)
    • (4)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 夢野久作
  • 筑摩書房 (1992年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (521ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480026767

夢野久作全集〈6〉 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 氷の涯
    本当に作者が体験した話なんじゃないかと思わせるくらい情景がまざまざと脳内に浮かび上がる。
    終わり方もロマンチック。

    死後の恋
    男の法螺話じゃなかったらすごいけど…どうなんだろう。
    銃殺された遺体の描写が恐ろしい。

    支那米の袋
    こういうことが実際にあった、のかな?
    こんな体験をしたらまず人を信じられなくなるだろうなあ。

    爆弾太平記
    主人公のおっちゃんの話を聞きに来た検事が悪い人じゃないことを切に願う。こういう話を夢野久作に書かせたら本当に天下一品。

    焦点を合わせる
    どんでん返しの回数が多くて最後は目が、もとい脳髄が回った。たしかにこの話は焦点が合わない。

    幽霊と推進機
    夢と現実がごっちゃになる辺りがちょっとドグラマグラっぽいけど、事故にあって意識が失っている間の夢だと思うとまあそういうこともあるかなあと。

    難船小僧
    かなり人が死んでいるのに、船長が思ったより畜生な性格でびっくり。

    人間腸詰
    正直に言うと話の内容よりタイトルのインパクトが強すぎる…。

    ココナットの実
    「妾」の小悪魔兼悪女兼殺人鬼っぷりは半端ない。

    戦場
    戦場も恐ろしいし、兵士を死んでもいいものとして扱っているのも恐ろしいし、なによりその兵士を死なせてwin-winの関係になってるっぽい兵士の家族と大佐がすごく怖い。

  • 死後の恋 のみ読了

  • 2009/
    2009/

    氷の涯 死後の恋 支那米の袋 爆弾太平記 焦点を合せる 幽霊と推進機 難船小僧 人間腸詰 ココナットの実 戦場

全3件中 1 - 3件を表示

夢野久作の作品

夢野久作全集〈6〉 (ちくま文庫)に関連する談話室の質問

夢野久作全集〈6〉 (ちくま文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夢野久作全集〈6〉 (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夢野久作全集〈6〉 (ちくま文庫)はこんな本です

夢野久作全集〈6〉 (ちくま文庫)の単行本

ツイートする