失われた時を求めて〈10 第7篇〉見出された時 (ちくま文庫)

  • 66人登録
  • 4.36評価
    • (14)
    • (6)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Marcel Proust  井上 究一郎 
  • 筑摩書房 (1993年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (707ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480027306

失われた時を求めて〈10 第7篇〉見出された時 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ついに読破!マルセル・プルーストの超大作。
    失われた時が見出されます。無意識的記憶を呼び覚ますマドレーヌ体験と同じ体験をして、無意識的記憶の状態を突き止める主人公。
    そして、主人公はこれらの体験全てを書きとめるためとてもとても長い小説を書く決意を固める。この小説を書き始めるところで、この小説は終わるのです。こうしてまた第一部から読んでねってことなのか?
    長い長い物語の全てがこの「見出された時」に集約されております。

  • マルセル・プルーストの大作

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4480027300
    ── プルースト/井上 究一郎・訳《失われた時を求めて 10 19930722 ちくま文庫》
     

  • 男色家シャルリュス男爵の無残な老いさばらえようにぎょっとします。
    人物それぞれで「時」の現れ方が違うのですね。

全6件中 1 - 6件を表示

マルセル・プルーストの作品

失われた時を求めて〈10 第7篇〉見出された時 (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

失われた時を求めて〈10 第7篇〉見出された時 (ちくま文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

失われた時を求めて〈10 第7篇〉見出された時 (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

失われた時を求めて〈10 第7篇〉見出された時 (ちくま文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

失われた時を求めて〈10 第7篇〉見出された時 (ちくま文庫)はこんな本です

ツイートする