チェーホフ全集〈12〉シベリアの旅 サハリン島 (ちくま文庫)

  • 20人登録
  • 3.75評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 筑摩書房 (2009年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (600ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480028129

チェーホフ全集〈12〉シベリアの旅 サハリン島 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2010年12月7日読み始め 2010年12月15日読了。
    「1Q84」つながりで読み始めたのだけど、村上春樹が引用していた「かわいそうなギリヤーク人」は思ったほど出てこない。ギリヤーク人もかわいそうだけど、アイヌなど他の原住民もかわいそうだった…。
    サハリン島というと、日本では間宮林蔵ぐらいしか思い浮かばないけれど、ロシアでは「流刑地」であり、チェーホフは流刑地の現実をかなり冷静な視線で見ている。ソルジェニーツィンは自分も流刑させられた経験もあり、やはり「内側の視点」という感じだけど、チェーホフは冷静な観察者という感じが強い。
    笞刑や絞首刑の描写はかなりショッキング。女囚の扱いも、当時としてはよくあることだったと思うが、権力者が振り分けてたりして辛い。チェーホフは淡々と書いてるけど、まさにこの世の果てといった当時のサハリン島の現実だった。旅のロマンはほぼありません。
    しかし、退屈な内容といえばそうなんだけど、さすが文豪というか、なにかしら面白くて700p読んでしまった。初チェーホフがこれというのも、結構チャレンジャーだったとは思います。

  • ちまたはドストエフスキーブームですが

  • 村上春樹のエッセイで出てきたチェーホフの旅行記。ロシア文学ってちょっと難そう…と思っていたのですが、なかなかどうして!チェーホフにはまりそう…

全3件中 1 - 3件を表示

アントン・パーヴロヴィチチェーホフの作品

チェーホフ全集〈12〉シベリアの旅 サハリン島 (ちくま文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

チェーホフ全集〈12〉シベリアの旅 サハリン島 (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

チェーホフ全集〈12〉シベリアの旅 サハリン島 (ちくま文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

チェーホフ全集〈12〉シベリアの旅 サハリン島 (ちくま文庫)はこんな本です

ツイートする