新編 酒に呑まれた頭 (ちくま文庫)

  • 47人登録
  • 3.80評価
    • (4)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 吉田健一
  • 筑摩書房 (1995年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480030214

新編 酒に呑まれた頭 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【本の内容】
    「国籍のない大使の話」「マクナマス氏行状記」ほか戦後の精神風土の歪みを軽妙に描いた傑作短篇と酒と旅にまつわるエッセイを併収。

    [ 目次 ]
    国籍がない大使の話
    マクナマス氏行状記
    ロッホ・ネスの怪物
    一夜漬の新年
    お芽出たい幻想
    屠蘇が飲めるまで
    忙中の閑
    旅と酒
    或る田舎町の魅力
    羽越路瓶子行
    酔旅〔ほか〕

    [ POP ]
    著者写真を見ても分かる様に、ギロリギロリと世間を見渡し、何より大食漢であるといば、信用できるはずである。

    吉田健一といえば酒である。酒樽にどっぷり浸かった旅の話は、何ともいえない香りが漂う。

    旅の中、駅ごとの停車駅でことごとく、列車のボーイに(新幹線が走る前の時代である)生ビールを買い求めさせ、用意した肴とともにグビリグビリ、食堂車でもチビリチビリ、そして、目的地、例えば京都に着いたならば、まっすぐ馴染みのお茶屋へ向かう。

    もう何も言うことは無い。まさに真骨頂、落語の「蕎麦の羽織」と同じく、いつのまにか酒と旅が着物の代わりになっている。

    さて、良い酒は水に似ているという。

    さらり一服の清涼剤、折に触れて読める良さが、旅の本にはあるのかもしれない。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 別の本にも出てたけど、道頓堀のおでん屋『たこ梅』って、確か梅田にも支店があるんだよなぁ。行ったことは無いけども……。
    折角だから帰省したついでに行ってみるか。問題は大荷物を抱えて飲んだくれるのは大変だってことだw

  • 酔っ払って、電車を乗り過ごし、宿に泊まる。それが、旅の始まり。日常性からの解放。精神が息を吹き返す永劫の回帰(引用)。

    で、本当に旅に出ると、ひたすら飲みまくっている。酔っ払って、何処にいるのか判らなくなったりする。
    「金沢」や「怪奇な話」の幻想的な逸話のよう。

  • 本には読まれるが、酒には呑まれるのだ。

  • 文芸評論家吉田健一の酒と食べ物に関するエッセイ。日本酒に関する名言で有名なひとだが,食べることも相当お好きなようで,「食べ物遍歴」という一編を読むと,おなかがぐうとなること間違いなし。シャンパンから始まって,親子丼,昔の駅弁,バタをたっぷりぬったマフィン,イタリー料理,ねぎま鍋にウインナシュニッツェル。食べたい!

全6件中 1 - 6件を表示

吉田健一の作品

新編 酒に呑まれた頭 (ちくま文庫)に関連する談話室の質問

新編 酒に呑まれた頭 (ちくま文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新編 酒に呑まれた頭 (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新編 酒に呑まれた頭 (ちくま文庫)はこんな本です

ツイートする