芸術断想―三島由紀夫のエッセイ〈4〉 (ちくま文庫)

  • 33人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 三島由紀夫
  • 筑摩書房 (1995年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480030702

芸術断想―三島由紀夫のエッセイ〈4〉 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 矢頭保写真集「裸祭り」の序文は、近代と日本との奇妙な結合の中を極めて意識過剰に生き、反抗しなければならなかった三島由紀夫自身の悲痛な認識がある。それは矢張り悲劇ではなく、悲劇的であった。

  • 筑摩書房の在庫僅少本フェアで購入。
    『芸術』と大まかな括りで表現されているが、能、歌舞伎、新派といった舞台芸術、そして映画が主に取り上げられている。

全2件中 1 - 2件を表示

三島由紀夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
谷崎 潤一郎
三島 由紀夫
三島 由紀夫
三島 由紀夫
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

芸術断想―三島由紀夫のエッセイ〈4〉 (ちくま文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

芸術断想―三島由紀夫のエッセイ〈4〉 (ちくま文庫)はこんな本です

ツイートする