恐龍が飛んだ日―尺度不変性と自己相似 (ちくま文庫)

  • 14人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 筑摩書房 (1995年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480031419

恐龍が飛んだ日―尺度不変性と自己相似 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 構造主義生物学を打ち立てられた生物学者の柴谷篤弘さんと当時まだ解剖学教室におられた養老孟司さんの対談です。
    生物学の専門用語が飛び交い、わからないところばかりでしたが、凄い人と凄い人の奥深い言葉のやりとりの醸しだす雰囲気がなんとも素敵です。
    真実とか科学とか認識とかと脳の関係を考え始められた養老さんの問題意識みたいなものが書かれているはずで、きっと、そうなんだろうとは思うし、そのことは感じとれるのだけれども、今のわたしには言葉にできません。そこのところも、またまた、おいおいです。

    Mahalo

全1件中 1 - 1件を表示

柴谷篤弘の作品

恐龍が飛んだ日―尺度不変性と自己相似 (ちくま文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

恐龍が飛んだ日―尺度不変性と自己相似 (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恐龍が飛んだ日―尺度不変性と自己相似 (ちくま文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

恐龍が飛んだ日―尺度不変性と自己相似 (ちくま文庫)はこんな本です

ツイートする