JAMJAM日記 (ちくま文庫)

  • 58人登録
  • 3.92評価
    • (6)
    • (11)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 殿山泰司
  • 筑摩書房 (1996年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480031556

JAMJAM日記 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 時折り思い出しかのように
    怪人・殿山氏の語り口が恋しくなる

    飄々とした足取りが聞こえてきそうな文体

    このリズム感 乾いた猥雑な音
    日本では極めて稀有な
    "打ちのめされる”日記

    ビートニクといったら著者は嫌がるのかな

  • 読者家の親父が人生でNo.1って言ってたな~

  • とにかく洒落てる、かっこいい。

  • イッヒッヒーたまらんでこの本は、客観的に見ている自分を自虐しながらJAZZ、ミステリー、映画(といっても殿山さんの出演している映画だが)おもしろおかしく、実はシリアスに書いている。本当は、真面目で不器用で人情味のあふれる人だと云うことが、文脈からにじみでている。

  • 「プレイヤー文体」という言葉を確か山下洋輔が彼の文章を評して語っていたのですが、確かに。女性と音楽と読書が大好きな著者の本はどれを読んでも楽しいですが、なかでもこれが1番好きだ。

全5件中 1 - 5件を表示

殿山泰司の作品

JAMJAM日記 (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

JAMJAM日記 (ちくま文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

JAMJAM日記 (ちくま文庫)はこんな本です

JAMJAM日記 (ちくま文庫)のKindle版

ツイートする