コン・ティキ号探検記 (ちくま文庫)

  • 40人登録
  • 3.63評価
    • (5)
    • (4)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Thor Heyerdahl  水口 志計夫 
  • 筑摩書房 (1996年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480031693

コン・ティキ号探検記 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分の学説を信じて無謀な冒険を行い、さらに他人にも信じさせて研究費を出させる姿はまさに科学者。
    冒険の間の行動も魅力的に書かれている。

  • 灰谷さんの本を読んでいた時この本が出てきました。面白そうだなあと思って借りてみました。とても面白かったです。

    昔黒潮に乗れば世界の反対まで行くことが出来る、と言うのを読んだことがありますがペルーを出てポリネシアまで筏で行くとは。聞いただけで何とも胸の踊る探検です。
    もちろん、研究も兼ねての探検なわけですが作中、行きたいなあ、としみじみ言っていた人に共感しました。実際問題4カ月近くも筏の上で過ごすなんて自分には耐えられそうにありませんがそれでもどこかでやってみたいなあと思うのです。

  • 2007/12 図書館から。

  • 子どもの頃「児童文学全集」で読んで以来、自分の仮説を証明しようと実験航海に乗り出してしまうその行動力、そのユーモアあふれる冒険の記録、そして豊かな海の描写にすっかり魅了されてしまい、長らく愛読書となった本。大人になってノルウェーのオスロに行き、実物の「コン・ティキ号」に対面したときは本当に感動したものです。すごくちっちゃかったけど(笑)。

  • 海、海、海。エンジンのついた鉄の容器にいるのでなく、遭難といった自分が望んだ状態でなく、大海原に対峙するのにふさわしい準備に望んだとき、どんなことを経験するんだろう。

全5件中 1 - 5件を表示

トール・ヘイエルダールの作品

コン・ティキ号探検記 (ちくま文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

コン・ティキ号探検記 (ちくま文庫)の作品紹介

古代の筏で太平洋を漂流する-人類学上の仮説を自ら立証した冒険の記録。奇抜な着想と貴重な体験、ユーモアあふれる文章で大評判になった古典的名著の文庫化。

コン・ティキ号探検記 (ちくま文庫)はこんな本です

コン・ティキ号探検記 (ちくま文庫)のKindle版

コン・ティキ号探検記 (ちくま文庫)の単行本

コン・ティキ号探検記 (ちくま文庫)の文庫

ツイートする