泉鏡花集成〈5〉 (ちくま文庫)

  • 60人登録
  • 3.41評価
    • (2)
    • (5)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 泉鏡花
制作 : 種村 季弘 
  • 筑摩書房 (1996年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (471ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480031754

泉鏡花集成〈5〉 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 卒論が逗子期の某作品なので、逗子期作品がメインに収録されているため読みました。「沼夫人」と「星女郎」です。いちいち読みにくいことこの上ないのは鏡花のデフォ属性ですね。
    沼夫人は最初らへんの描写がまんまホラーですっごく怖かった。やっぱ鏡花って怪談話の人なんだなと改めて実感しました。結局お房さんは生きていたのかしら。いや、あれは生きていないんだろうな…
    星女郎は話の確信に行きあたるまでものすごおおおく手間かかってるw ほんっと鏡花ってスゲー水増し文だよなあ…あ、褒めてるつもりですがそうは読めませんねw いきなり場面・時間がすっとんだ離れ業やられたときはさすがにポカーンだったよ。
    女性二人の秘密の家っていうのはエロティックで、二人の忌まわしい症状とかもなかなか面白い設定だった。けど恐ろしいよー、男性を想像の中で惨殺し、その絵を描かなきゃどうにも気が済まないなんて。その絵が幻となって浮かび上がるシーンとかもめっちゃ怖かった。そういうの読むたび鏡花やっぱすげーおもれーとか思っちゃう私でした。卒論頑張ります。

  • 積ん読

  • 収録作品「草迷宮」「春昼」「春昼後刻」他

全3件中 1 - 3件を表示

泉鏡花の作品

泉鏡花集成〈5〉 (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

泉鏡花集成〈5〉 (ちくま文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

泉鏡花集成〈5〉 (ちくま文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

泉鏡花集成〈5〉 (ちくま文庫)はこんな本です

ツイートする