大菩薩峠〈3〉 (ちくま文庫)

  • 28人登録
  • 3.80評価
    • (3)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 中里介山
  • 筑摩書房 (1996年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480032232

大菩薩峠〈3〉 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 様々な登場人物の交錯がまさに同じ構造をもって描かれてます、こういうところが大学の講義で取り上げられ理由だったか?全く覚えとらん、、、純粋にこの巻はスペクタクル的要素が薄いので若干乗っていけなかったかな。
    しかしまだ17巻も残ってる、(当方の読書という点で)どうなることやら。

  • この巻は主人公の話はほとんど出てこなく、草の根の庶民の話、特に女子供の暮らしを中心とした前半と、殿さまの話の後半。庶民の悩みの種はなんだかんだでお金であって、助けられるのは人のつながりであることも多いことなんかは、今と変わらないなぁと感じました。なんとなくですが、著者の中里介山自体にも今後の展開は全てはわかっておらず、日々の生活の中で得たヒントを作品に織り込んでいくのを楽しみながら書いていたんじゃないかな、とか感じて読んでました。

全2件中 1 - 2件を表示

中里介山の作品

大菩薩峠〈3〉 (ちくま文庫)はこんな本です

大菩薩峠〈3〉 (ちくま文庫)の単行本

大菩薩峠〈3〉 (ちくま文庫)の単行本

大菩薩峠〈3〉 (ちくま文庫)の-

ツイートする