シェイクスピア全集 12 タイタス・アンドロニカス (ちくま文庫)

  • 160人登録
  • 3.57評価
    • (10)
    • (14)
    • (28)
    • (1)
    • (1)
  • 20レビュー
制作 : 松岡 和子 
  • 筑摩書房 (2004年1月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480033123

シェイクスピア全集 12 タイタス・アンドロニカス (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Original title:Titus Andronicus.
    Author:William Shakespeare.
    Titusは娘を強姦され両腕と舌を切られた悲しみと怒りで、
    Gote王国の二王子の首を掻っ切り、その血肉で調理し彼達の母后Tamoraに晩餐として供すその様は、
    封神演義の伯 邑孝が皇妃に身体を切り刻まれ、
    その血肉を調理し、彼の父に供した事を思い出しました。

    前作もそうですが今作も黒人劣勢の描写があり、
    William Shakespeareが生きていた時代は、その様な時代であったと推察出来ます。
    ある意味平和であったのは広範囲に亘る帝国を築きあげた
    Imperium Romanumの頃であったのでは…と思う事が多々感じられます。

    元々捕虜としてTitusにRomaへ連行されたGote女王Tamora。
    彼女からすれば長男の死刑で彼に慈悲を請うたのにTitusに阻まれ、
    その悲しみを胸に秘めRoma皇妃となり、彼達一族を滅ぼす決意を固め、
    この様な巡り巡って国の頂点である主要人物が全員殺される惨劇が招かれました。

  • 2017年19冊目。

    ローマ皇帝・ゴート人の一家と、ローマの武将アンドロニカス一家の壮絶な憎悪劇。
    『マクベス』や『ハムレット』も「悲劇」と言われるが、
    シェイクスピア初期のこの作品の残酷さはそれをはるかに上回った。
    「道化」は両方の陣営を行き来する役目を負えると何かで読んだが、
    この作品で言うと、エアロンはまさに道化そのもの。
    返答をする間もない命令が多く、喋ることが奪われた人物が出てくるなど、
    「沈黙」がこの劇を通しての特徴であるというあとがきにも納得。

  • 悲劇より惨劇。

  • とても残虐的な ドロドロでスプラッター的な 話です。これは舞台でやるにしても 日本だったら歌舞伎的な気がします。歌舞伎で観てみたい・・

  • (閲覧注意、ネタバレはともかく、バイオレンスな記述があります!)

    ・・・・・・・・・・
    聞け、悪党ども、俺は貴様らの骨を挽いて粉にし、
    貴様らの血でこねあげて生地を作る、
    その生地でパイの皮をこしらえ、
    貴様らの恥知らずな生首を中身にしてこの二つのパイを焼き上げ、
    あの淫乱女に、貴様らのうすぎたないおふくろに食わせてやる、
    大地のように自分の生んだものを自分で飲み込むというわけだ。
    これがあの女を招待した響宴だ、
    これがあの女にたっぷり召し上がっていただくご馳走だ。
    (第五幕・第三場)
    ・・・・・・・・・・

    ええー、シェイクスピア?!って声が聞こえてきそうですが、どうか御安心を。

    四大悲劇(『ハムレット』『オセロー』『マクベス』『リア王』)でもなく、かといって喜劇(『お気に召すまま』『十二夜』『夏の世の夢』etc.)でもなく、ここでオススメしたいのは、まさかの『タイタス・アンドロ二カス』。

    シェイクスピアってそんなの書いてんの?という声が聞こえてきそうですが、もうしばしのご辛抱を。

    そう、シェイクスピアといえば、ロミオとジュリエットの悲恋が涙を絞る青春劇?

    それか、真夏に森を飛び交う妖精達が見せる喜劇?

    あるいは、己の実存に悩むデンマーク王子の悲劇?

    はたまた、妻と結託して王座を奪う悪逆非道のスコットランド王の転落人生譚? 

    それらもいいでしょう、けれども、そういったシェイクスピア劇を堪能した観客・読者も、『タイタス』が提供するエロ・グロ・バイオレンスの響宴には即座に圧倒されることになるでしょう。

    この戯曲の舞台はローマ時代、名将タイタス・アンドロニカスとその一族が、ゴート族との戦争を見事に勝ち抜き、ゴート族女王タモーラとその息子達を捉えてローマに凱旋するところから始まります。生け贄として3人の息子のうちの1人を惨殺されたタモーラは、タイタス一族への復讐心をたぎらせるのですが・・・

    終盤で主要人物が死にまくって死体の山が築かれる、というのはシェイクスピア悲劇ではよくあることで、『タイタス』も例にはもれず。ただし、その死に方はとにかく残酷悪趣味バイレンスのつるべ撃ち!しかも、冒頭・中盤・終盤と、ちゃんとリズミカルに死体が出来上がる大変バランスの良い仕上がりでございます。うむ、ウィルよ、お前は良くわかっているな。

    チェックマークまずは敵軍王女の息子を、神に捧げる生け贄と称してその四肢五体を切り刻み、はらわたを火にかけ、その匂いが空に広がっていくのを眺めるローマ兵達

    チェックマーク反抗した息子を激高して刺し殺す父親

    チェックマークレイプされ、舌と両手を切り取られ、手を失った腕に枯れ枝を接続されておちょくられるヒロイン

    チェックマーク捕われた息子を救う交換条件ならということで自分の片腕を自分で切り落とす父親

    チェックマーク腕を切断した苦痛に喘ぐも息子の生還を祈る父親の目の前でいきなり晒される、当の息子達二人の生首

    チェックマークそしておまけに、母親の息子二人を解体・調理してパイを作って、何もしらない母親に食べさせる

    早い話が、例えば北野武の映画『アウトレイジ』(特にそのブラッディーなバイオレンス描写)が大好きだ、という人には自信をもってオススメできるのがこの戯曲なのです。

    シェイクスピアなんて読むのに気後れしちゃう、『ハムレット』とか『リア王』は読んだけどよくわからんかった、シェイクスピアは好きだけど代表作の他に何を読んだらいーの?って、そんなあなたにこそ、ぜひとも『タイタス』を。

    めくるめるバイオレンスが、シェイクスピアによる巧妙な修辞と言葉のスピード感でもって、僕らの頭の中でグロテスクなイメージとして華開く・・・そんな読書体験に飢えていれば、『タイタス』を。

    そうして、シェイクスピアのダークサイドを存分に堪能しようではありませんか。

    ところでこの『タイタス』、俊英ジュリー・テイモアによって1999年に映画化されています。古代と現代(1920年代っぽい)を合わせたようなアヴァンギャルド的世界観の中で、『タイタス』のバイオレンスを見事に蘇られた屈指の名画。

    将軍タイタスを演じるは名優Sir,アンソニー・ホプキンス。きっちり、お約束のレクター博士パロディをやってのけるあたり、ほんとうにわかってらっしゃる。

    まずは、こちらからでもどうぞ!
    https://www.youtube.com/watch?v=OvZRvKf78yY

  • 少し言い回しが冗長なところがあるが、面白い。
    手を切断するとか、舌を切り取るとか生首が出てくる等残虐なシーンが多数ある。

  • アニメPSYCHO-PASSにて引用されてたので読んでみました。読んでみると、さっきまですごく褒めてた人を次の瞬間には激怒して殺したりとか、登場人物の感情が唐突に変わったりするので、付いていきにくいところはありました。劇作品はこういうものなのかな。シェイクスピアは、過去に何作か読んだけど、ギリシャ神話や昔の物語からの引用も多いし、人の名前は覚えにくいし、難しいですね。「あらすじで読むシェイクスピア全作品」という本も買ったので、こちらで勉強したいと思います。

  • シェイクスピア作品の中で最も残虐といわれている戯曲ですが、そのせいかポピュラーな新潮や角川、岩波の文庫では収録されていません。野望や復讐がモチーフなのは他の悲劇作品も同じだけれど、古代ローマが舞台のせいか、よりいっそうギリシャ悲劇的なえげつなさがあるのかも。

    悪役とはいえ、大物感のある女王タモーラと、その情人エアロンは、悪っぷりが徹底していてブレないので、そのようなものとして割り切れるのだけれど、同じ悪党でも親の七光りで小物感の強いタモーラの二人の息子には正直あまりのクズっぷりに嫌悪しか感じられず、殺されて挽肉にされてパイに焼かれそれを母親に食べさせる・・・という悪趣味極まりない最期にも全く同情できず、むしろ痛快と思ってしまう自分が怖い。この二人のクズ息子たちに夫を殺され、強姦されたあげく、それを隠蔽するために舌を切られ両腕を切られたラヴィニア(タイタスの娘)の受けた屈辱に比べたら!(憤)

    そういう意味では、悲劇ではあるけれど、悪人は殺されて復讐が完遂されるという一種のカタルシスがあり、他の悲劇よりもわかりやすく単純な構造なのかも。

  •  シェークスピア最初の悲劇で、最凶の悲劇。
     描かれているのは人間の醜さ、愚かさ、ずる賢さなのだが、それはリア王やマクベスからも見て取れる。アンドロニカスにおける特徴はそこにはない。
     征服、生贄、復讐、虐殺、謀殺、強姦、冤罪、四肢切断。その全てが何度も作中で描かれる。もう本当になんでもありだ。人間が持ちうる全ての悪意を、よくここまで描き切ったなとむしろ清々しい。
     登場人物たちに一切同情の余地がないというのもまた虚しさを引き立たせてくれる。生存者も、主要人物は長男を除いて全員死亡。まさに因果応報。

  • 悪意と憎しみのがんじがらめ。復讐が復讐を呼ぶ残酷悲劇。主役は皆揃って腹黒い嘘つき。従順を装い、慇懃に振る舞い、寛大な態度を取り繕うその魂胆は、如何に惨たらしく敵を陥れてくろようかと思い巡らす、残忍な権謀術数。その果てにあるのは束の間の黒い悦びと、有無も言う暇すら与えられない、おぞましい報い。
    要するに、手前勝手な連中が繰り広げる因果応報劇といったところであるのかな。

全20件中 1 - 10件を表示

ウィリアム・シェイクスピアの作品

シェイクスピア全集 12 タイタス・アンドロニカス (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シェイクスピア全集 12 タイタス・アンドロニカス (ちくま文庫)の作品紹介

ローマ将軍タイタス・アンドロニカスは、捕虜であるゴート人の女王タモーラの長男王子を殺して、戦死したわが子たちの霊廟への生贄とする。これを怨んだ残る王子二人は、一転ローマ皇帝妃となったタモーラの狡猾なムーア人情夫、エアロンと共謀。タイタスの娘ラヴィニアを襲って凌辱し、なんとその舌と両手を切断してしまう。怒り狂うタイタス…-血で血を洗う復讐の凄惨な応酬。その結末は!?シェイクスピア初期の衝撃作。

ツイートする