明治波濤歌〈上〉―山田風太郎明治小説全集〈9〉 (ちくま文庫)

  • 65人登録
  • 4.04評価
    • (10)
    • (8)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 13レビュー
著者 : 山田風太郎
  • 筑摩書房 (1997年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480033499

明治波濤歌〈上〉―山田風太郎明治小説全集〈9〉 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 上巻は、咸臨丸に乗り組んで勝らと共に渡米した経験をもつ幕臣吉岡艮太夫、北村透谷と自由民権運動、そして樋口一葉と『たけくらべ』にまつわる三編を収録。短編連作ではなく、時代もまちまちなオムニバス。

  • 再読

  • 収録作・・・「それからの咸臨丸」「風の中の蝶」「からゆき草紙」

    いやはや、とても面白かった。大満足。
    この巻では、「波濤歌」というタイトル通り、どの短編でもいずれ日本を離れ海の向こうへと旅立っていく人々が登場する。それらの人生は、まさに波に揉まれる怒涛の人生である。

    それぞれの登場人物の描かれ方がとてもよい。いきいきしている。
    自分の信念を持ちながらも、時代に翻弄され、あるいはその信念ゆえに苦悩する登場人物たち。それでも彼らはひたむきに何かを見つめ、自分が自分であることに誇りを持とうとしている。

    特に樋口一葉のキャラクターが素晴らしかった。
    なんという心意気の美しさであろう。読んでいて、私は彼女の心意気にほれ込んでしまった。本当の美しさ、本当の強さ、そして本当の謙虚さとは、こういう女性に宿るのだと思った。

    上巻では、どちらかというとストーリーよりも登場人物それぞれの印象が強く残った。登場人物たちの「それから」が、あまり明るいものではなかったから、同情して少ししんみりしてしまったのかもしれない。

  • 山田風太郎の明治時代小説にはハズレは無いと思う。

  • 20090518-20090524
    新潮文庫

  • 短編集。どの話も珠玉といって差支えない完成度ですが、
    『巴里に雪の降るごとく』は、全て読み終わってハっとする、天才的なタイトルのつけ方です。天才。
    全てが異常に面白い明治シリーズの中でも、飛び抜けてキラキラしている上下巻です。

  • どれもいいのだけれど、「風の中の蝶」の前半の集う若者たちの姿に、胸がきゅんとなりました。ソフィアコッポラの「マリーアントワネット」を観た時にも感じた、ほんの一瞬の青春のきらめき。こんなに瑞瑞しく青春群像を描けるなんて、さすがです。

  • どの中編も素晴らしい。<br>
    「からゆき草紙」での一葉のキャラクターが凄く魅力的。

  • どれも好きなんですが、「風の中の蝶」「巴里に雪のふるごとく」「築地西洋軒」なんかは特に印象的です。

全13件中 1 - 10件を表示

山田風太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

明治波濤歌〈上〉―山田風太郎明治小説全集〈9〉 (ちくま文庫)に関連する談話室の質問

明治波濤歌〈上〉―山田風太郎明治小説全集〈9〉 (ちくま文庫)に関連するまとめ

明治波濤歌〈上〉―山田風太郎明治小説全集〈9〉 (ちくま文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

明治波濤歌〈上〉―山田風太郎明治小説全集〈9〉 (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

明治波濤歌〈上〉―山田風太郎明治小説全集〈9〉 (ちくま文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

明治波濤歌〈上〉―山田風太郎明治小説全集〈9〉 (ちくま文庫)の作品紹介

未知の国との出会いの地点、港。波濤を分けて港にたどりついた人、出ていった人を描いた作品6篇の連作集。

明治波濤歌〈上〉―山田風太郎明治小説全集〈9〉 (ちくま文庫)のKindle版

ツイートする