ココロとカラダを超えて―エロス・心・死・神秘 (ちくま文庫)

  • 10人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 頼藤和寛
  • 筑摩書房 (1999年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480034731

ココロとカラダを超えて―エロス・心・死・神秘 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絶版で中古本も高い本ですが、唯識の解説の名著、などと絶賛されているのを見て読んでみたくなり読みました。

    著者は精神科医。昔産経新聞かなんかのお悩み相談室、で人気だったそうで、割と有名な方なのでしょうが、私は知りませんでした。

    確かにすごい本でした。宗教から哲学まで、著者の教養の深さがほとばしっている本です。非常に論理明快に、エロス、心、死、神秘(悟り)といったテーマが描かれています。クリシュナムルティ、ウィルバー、ウパニシャッドなど出てくるので、このあたりに関心のある方にお勧めです。ああこんなすごい人がいたんだなあという感じです。既に50代で癌でお亡くなりになっているとのことで、残念です。

  • この方の本は本書で初めて読んでみたが、なかなか面白かった。
    元々精神科医で臨床に携わってきた経験からか、精神と仏教(唯識教学)との関連性について、わかりやすく説明がなされていた。

    人間的な部分を仏教的な視点で見ると、こういう風な観察になっているのかとおもった。

    人間の精神は意識上の一所に寄り集まって出来ており、その中で常識の範疇を勝手に決定しているものなのだなあと、思うしだいであった。

全2件中 1 - 2件を表示

頼藤和寛の作品

ココロとカラダを超えて―エロス・心・死・神秘 (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

ココロとカラダを超えて―エロス・心・死・神秘 (ちくま文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ココロとカラダを超えて―エロス・心・死・神秘 (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ココロとカラダを超えて―エロス・心・死・神秘 (ちくま文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ココロとカラダを超えて―エロス・心・死・神秘 (ちくま文庫)はこんな本です

ツイートする