火星ルンバ (ちくま文庫)

  • 43人登録
  • 3.48評価
    • (4)
    • (4)
    • (17)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 吉田戦車
  • 筑摩書房 (2002年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480036995

火星ルンバ (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 地球人が火星に侵攻し、火星人と付き合い始めて3年。

    唄って、踊って、恋をして。
    火星ルンバ!!温かい家を渡り歩く、渡り男が好き♡

  • (持っているのはスコラ版だけど、表紙があるのでこちらを登録)

    こちらも再読どころか何十回と読みました。
    火星カバに見慣れ違和感ももはや全くない。

    何度読んでも、あの、個性的な妻を娶った彼の行く末が、
    2人の未来が、気になってしまうのである。
    あとは全て、謎と想像の中でいいんだけど、それだけが気がかり。

  • 火星トラ?

  • きもかわいい。

  • スコラ版を持っています。
    漬物といっしょに漬けられていた兄大会は、ぜひ地球でも開催すべきなのです

  • 地球人と火星人との交流(?)を描いた、吉田戦車の短編集。一見ムチャクチャな設定の中でも、不思議と矛盾無くストーリーが展開されていく手法はやはり流石と言えるだけものがある。<br>
    「渡り男の季節」と「辺境のチーズ」辺りが良いですね。バカバカしくて。

全6件中 1 - 6件を表示

吉田戦車の作品

火星ルンバ (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

火星ルンバ (ちくま文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

火星ルンバ (ちくま文庫)はこんな本です

火星ルンバ (ちくま文庫)のKindle版

火星ルンバ (ちくま文庫)のコミック

ツイートする