贋作吾輩は猫である―内田百けん集成〈8〉 ちくま文庫

  • 193人登録
  • 3.84評価
    • (21)
    • (17)
    • (28)
    • (2)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 内田百けん
  • 筑摩書房 (2003年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480037688

贋作吾輩は猫である―内田百けん集成〈8〉 ちくま文庫の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夏目漱石晩年の門下生であった百閒先生の、
    師に対する敬愛の情に満ち満ちた「贋作」。
    1906年、酔っ払って水甕に落ちた「原典」の吾輩が這い上がると、
    そこは1943年の世界だった――といって始まる「贋典」。
    今度は英語教師・苦沙弥ならぬドイツ語教師・五沙弥の家に
    上がり込んで、主人とその来客たちの様子を眺めたり、
    近所の「猫連」の集会に参加したり……。
    1943年の吾輩の方が、
    どことなく愛嬌があって可愛いと思うのは私だけだろうか(笑)。
    特に、お屋敷町の猫たちの集会の様子や、
    《杓子坂の小判堂》君が
    「うちの食事は鰹節ご飯ばかりでうんざりだ」と言うと、
    「君の家は鰹節問屋だからお手の物だろう」と返す、
    猫同士のやりとりが笑える。
    漱石のオリジナルを読んだ人も読んでいない人も、
    猫好きだったらトライしてみましょう――と、
    おススメしておきます。

  • 16/09

  • 夏目漱石の「吾輩は猫である」は自身の英文学及び漢文学に対する知識の多さから
    それらからの引用が多岐に渡り、なかなか理解しにくい面が有る。
    それが漱石の「猫」の文学作品としての奥の深さには成っているのだが、
    「内田百閒」の贋作「猫」は五沙弥先生のうちに集まってくる連中の
    日常的な取り留めのない話のため、こちらの作品のほうはより取っ付き易い。

    贋作という主題から随所随所に漱石の「猫」を意識した所が見受けられるのだが、
    どちらかと言うと、こちらでは猫の存在が薄く脇役的存在感が有る。

    洒落っ気とユーモア。
    その辺に「内田百閒」の作品の面白さが出てる。

  • 内田百閒のナンセンスなユーモア満載。漱石版よりも猫の存在感が薄いような気もする。とはいえ、用もないのに集まれる場所があっていいなあ、と呼んでいて心底うらやましくなった。五沙弥先生の、猫の額ほどの家に、教え子や友人知人たちが集まってくるコミカルな場面に、笑うどころか、思わず感涙しそうになった。

  • 帰ってきた吾輩。

    まず「吾輩」が原典とか贋作とか言ってるし。こちらも気取らずに、軽い気持ちで読めばいい感じ。しかし、百閒先生はお酒好きだなあ(笑)

  • 珍妙。

  • 漱石の「吾輩~」をまだしっかり読んでいないので比較はできませんが、五沙弥先生たちの珍妙な会話はとても愉快。
    饂飩の話やあっと言わせる金貸しの話など、内田百閒のユーモアは癖になる面白さですね。

  • 文章、文体、会話、語られてる内容、本作から清水良典、伊藤整二氏の解説まで、全て正対して読んだ。
    さすがです。老練なユーモアというのはこうも人を惹き付けるものかと改めて畏れ入った。「正典」の猫より、アビシニヤのほうが愛嬌があるのも猫が老練した故か。夏目漱石と言えば『高等遊民』いう言葉を思い出すが、それがきちんと継承されていることが嬉しい。
    正典その他、本家本元を読み返したくなった。

  • 夏目漱石の、『吾輩は猫である』が面白かったので、読んでみたら、こちらもすごく面白かった。
    五沙弥先生のうちに来る人たちがすごくユニークで、立派な肩書きなのにこんなにお茶目で素敵ね、と思った。話の筋がぐちゃぐちゃしているところも”本典”っぽくていい。
    特に、うどんのところのくだりが気に入りました。

  • 何度読んでもしみじみと面白いです。本家と読み比べをしてみるのも良いと思います。
    高利貸の金子のエピソードなんかは百閒先生ならでは。

全20件中 1 - 10件を表示

内田百けんの作品

贋作吾輩は猫である―内田百けん集成〈8〉 ちくま文庫に関連する談話室の質問

贋作吾輩は猫である―内田百けん集成〈8〉 ちくま文庫を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

贋作吾輩は猫である―内田百けん集成〈8〉 ちくま文庫を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

贋作吾輩は猫である―内田百けん集成〈8〉 ちくま文庫の作品紹介

1906年に水がめに落っこちた漱石の猫が、這いあがるとそこは1943年だった。酒好きのドイツ語教師、五沙弥先生の家にふらりとはいりこみ、風船画伯、役人の出田羅迷、共産党員鰐果蘭哉、馬溲検校などなど、ひとくせもふたくせもある風流人たちが繰り広げる珍妙な会話を聞く。漱石の弟子であった百〓@6BE1@が、老練なユーモアたっぷりに書きあげた『吾輩は猫である』の続篇。

贋作吾輩は猫である―内田百けん集成〈8〉 ちくま文庫はこんな本です

贋作吾輩は猫である―内田百けん集成〈8〉 ちくま文庫の単行本

ツイートする