カラダで感じる源氏物語 (ちくま文庫)

  • 66人登録
  • 3.36評価
    • (2)
    • (10)
    • (13)
    • (2)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 大塚ひかり
  • 筑摩書房 (2002年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480037787

カラダで感じる源氏物語 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で借りた本。
    源氏物語の主人公、光源氏は、実在の人物だ。
    と、勘違いしている人が意外と多い事に目をつけた作者は、五感を駆使してそのリアリティーを語る。

  • 源氏物語の五感描写と、平安の感覚や時代背景などを結びつけたエッセイ。「あれ? 登場人物達、大したことのない人なんじゃ」と思えてしまう。その「大したことなさ」が『源氏物語』のすごさってことなんだろう。

  • 「カラダで感じる」とあってしかも「源氏物語」となるとエロい想像をしてしまいそうですが・・・中身は全然違います。エロな話も多少はありますが、それよりもむしろ、病気ネタや経済事情について書かれているところの方が面白い。

  • 『源氏物語』の身体性、五感に関する著書。
    『愛とまぐはひ古事記』が面白ろかったので、こちらも購入。

    受験生時代、面白いなーと興味はあったものの、通り過ぎてしまった『源氏物語』を読んでみる気にさせてくれた一冊。

  • 急に読みたくなる一冊
    堅苦しくないのでオススメ

  • 高校時代に先生におススメされた本。読み返してみました。
    源氏物語はエロ本であるという衝撃的な本(まだ、あの頃は清かった)
    平安時代は怨霊と片付けられていた病気の話など、とても面白かった。
    ただこの本をよむには源氏物語を通読している必要がある。
    単語が難しいので原文は難しい方も多いだろうから、漫画などでよんでからトライしてほしい

  • 与謝野晶子と円地文子の訳の物語を読んだことがある。
    少しでも概要を知ってる者には、
    このエッセイはとても面白く読めると思う。
    全く聞きかじってない者は、
    読んでみようという気になるんじゃないかな。
    私も、心新たに、
    瀬戸内寂聴の源氏物語を読みたくなった。

全9件中 1 - 9件を表示

大塚ひかりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
ジェイムズ・P・...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

カラダで感じる源氏物語 (ちくま文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カラダで感じる源氏物語 (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カラダで感じる源氏物語 (ちくま文庫)はこんな本です

カラダで感じる源氏物語 (ちくま文庫)のKindle版

カラダで感じる源氏物語 (ちくま文庫)の単行本

ツイートする