風邪の効用 (ちくま文庫)

  • 560人登録
  • 3.77評価
    • (50)
    • (57)
    • (73)
    • (6)
    • (3)
  • 70レビュー
著者 : 野口晴哉
  • 筑摩書房 (2003年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480038074

風邪の効用 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「整体協会」創設者の講演をまとめたもので、「風邪は治すべきものではない、経過するものである」という主張をまとめたもの。
    基本は整体にまつわる講演なので、前著の「整体入門」を読んでからの方がちゃんと理解できるのでしょう。書店で何となく本著のタイトルに惹かれて読んだだけなので私は読んでいないのですが、頚椎3番とか胸椎5番とかの語が出てきて「あぁ、そういう本だったのか」という感じでした。
    なお、調べてみたら奥様が近衛文麿の娘さん、やんごとなき雰囲気が…。

    確かに「風邪の効用」についての本で、風邪は身体からのサインであって、薬で無理やり治すのは良くない。うまく経過させることで、身体の偏って疲労した部分が直ると。
    現代の西洋医学の範疇とは全く違いますが、まぁこれはこれであるんだろうか、という印象。ちゃんと実践するには整体入門から始めないといけませんが。。本著前半の「背骨で呼吸する」とか後半の「後頭部を温める」とかなら多少とっつきやすそうか。
    ただの推測ではありますが、「背骨で呼吸する」というのも、息を背中に通そうと意識するとどうしても背筋が伸びてくるので、姿勢をただすと良くなるってコトもあるのかな、と思いました。
    また、「頭の発想が停滞した時には肘を温めると良くなります」というのは「まじか!」という感じ。今度やってみようかしら。

    ボリュームは軽めで読みやすいので、考え方を少し取り入れるという意味では読んでみても良いのかも。

  • 再読。胸骨の何番…とか言われてもわからないけど、それでも読んでいると風邪の対応法、間違えて自分でこじらせているんだなぁ…とわかる。足湯、脚湯、それぞれの季節の風邪、風邪の種類が参考になった。風邪さえ引けない鈍い体になっているので、日々自分の体を大事にしないといけないと思った。



    ●雲のない空ような天心が必要なのです。=200ページ=
    ●きっとよくなるという信念でも邪魔なのです。=201ページ=


    すごいなぁ~と思う。子供の風邪の経過の仕方がかなり勉強になった。冬の風邪の季節に試してみよう。

  • 雑誌の特集で見かけて気になったので購入するも、長らく積んでおいた本。蔵書のカテゴリは「哲学」になっていました。これのどこが「哲学」なのかと思って読んでみると、意外にも風邪というものの本質に迫っていく内容、すなわち一種の「哲学」と呼べるものになっていたのです。

    本質に迫るという意味では風邪にとどまらず、そもそも「治療」とは何なのか、ということについて斬新な見方を提示しています。

    "だから風邪の経過を本当に考えるとなると、やはり体だけではなくて、その人の深層心理の動きといいますか、私の病気を安く見積って失礼しちゃうなどという、その奥の心も見なければならない"(P.48)

    "本当は癌なども風邪を引くと良くなるし、血管硬化でも風邪を引くと柔らかになるのだから、風邪の上手な引き方を考えるほうが本当である。風邪を治すと言って「何くそ」などと気張るのは風邪の引き方としては最低で、そうやって風邪を育てている場合が少なくない"(P.109)

    初出が書いていないので正確なことは分かりませんが、おそらく整体に取り組んでいる方、および施術者向けの講義録だと思われます。そのため、ある程度整体に知識がある人向けのマニアックな背骨のお話が中心になっています。しかし、それでも本書には整体に興味のない方をも惹きつける魅力があると思います。

  • 風邪はとおりすぎるもの

  • 秋から冬にかけて、妙に売れるこの本。気になっていた。
    読んでみた。 
    風邪に対する考え方が変わった。 ”無理に”治すのでなく、上手く”経過”させる。 この考え方は新鮮だった。
    1962年に初出の文章ゆえの雰囲気がなんだかいい。

  • 初めて読んだが腑に落ちる内容

  • 風邪に対して斬新な切り口。風邪は経過するもの。ピラティスの先生も風邪は自浄作用のようなこと言っていたっけと思いながら。次に風邪を引いたときは、これを思い出してじっくり身体に意識を向けてみたい。他の著作も読んでいるとより一層わかりやすいのだろうなと思った。

  • 1960年代に書かれた古典であるが、現代にも通じるお話。風邪は病気ではなく、身体の変調を正すためのものという著者の主張に、感銘を受けた。

  • 野口晴哉『風邪の効用』筑摩書房, 2003年 読了。
    整体師・野口晴哉の古典。
    「風邪は薬で治すもの」という今の常識を覆す、風邪に対する見方が変わる名著です。
    *
    著者は、風邪は治すものではなく、経過するものであると主張する。
    ”頭を使い過ぎて頭が疲れても風邪を引く。消化器に余分な不満をかけた後でも風邪を引く。(中略)とにかく体のどこかに偏り運動が行われ、働かせ過ぎた処ができると風邪を引く。(中略)そうやってそれぞれその人なりの風邪を引くと、その偏って疲れている処がまず弾力性を恢復してきて、風邪を経過した後は弾力のあるピッチリした体になる。だから風邪というものは治療するのではなくて、経過するものでなくてはならない。”
    (P.26 L.12-P.27 L.9より引用)
    ”(中略)治すのではなくて、病気の経過を邪魔しないように、スムーズに経過できるように、体の要処要処の異常を調整し、体を整えて経過を待つ”
    (P.40 L.5-7より引用)
    *
    風邪は、姿勢や骨盤etc.身体のあらゆるの歪みや、偏った身体の酷使のサイン。
    風邪を引いたら、体を弛める、冷やさずに温める、水分は多めにとる、発汗は引っ込めない…etc.
    無理矢理薬で抑えるのではなく、全うせよと説いています。
    風邪を引いたらとりあえず薬、だった私には、目から鱗な内容でした。

  • 整体学者の立場から書いた、風邪の効用。風邪は自浄作用であり、治すものではなく経過されるものだ、というのが本著の主張。他にも、風邪の時こそ入浴するべき、など、現在の常識と対立する考えが垣間見れて楽しい。ここがこうなっている人はここが悪い、だからここをこうすると治る、という指南書ではなく、ここが悪い人はこういう症状が出て、次にこうなり、最後にはこうなる、という、辞典のような書。

全70件中 1 - 10件を表示

野口晴哉の作品

風邪の効用 (ちくま文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

風邪の効用 (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風邪の効用 (ちくま文庫)の作品紹介

風邪は自然の健康法である。風邪は治すべきものではない、経過するものであると主張する著者は、自然な経過を乱しさえしなければ、風邪をひいた後は、あたかも蛇が脱皮するように新鮮な体になると説く。本書は、「闘病」という言葉に象徴される現代の病気に対する考え方を一変させる。風邪を通して、人間の心や生き方を見つめた野口晴哉の名著。

ツイートする