上方落語 桂米朝コレクション〈5〉怪異霊験 (ちくま文庫)

  • 34人登録
  • 3.93評価
    • (5)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 桂米朝
  • 筑摩書房 (2003年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480038234

上方落語 桂米朝コレクション〈5〉怪異霊験 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <落語を文章で読む>
    と、いうのはなかなか難しいものでありますが、
    米朝師匠の高座をテレビやDVDで拝見しているので、
    その声を思い浮かべつつ読みました。

    第五巻は不思議な現象を集めたもので、
    怪談めいたものも多く、面白かったです。

  • つ景清

  • 米朝落語は読んでも面白い☆

全3件中 1 - 3件を表示

桂米朝の作品

上方落語 桂米朝コレクション〈5〉怪異霊験 (ちくま文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

上方落語 桂米朝コレクション〈5〉怪異霊験 (ちくま文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

上方落語 桂米朝コレクション〈5〉怪異霊験 (ちくま文庫)の作品紹介

文化功労者・桂米朝演じる上方落語の世界。第五巻は、こわいこわい、そして不思議な落語を集める。江戸落語の怪奇物との味わいの違いをご堪能あれ。「猫の忠信」「仔猫」「狸の化寺」「狸の賽」「怪談市川堤」「五光」「景清」「紀州飛脚」「夏の医者」「べかこ」「ぬの字鼠」「天狗さし」「稲荷俥」「足上がり」を収録。

上方落語 桂米朝コレクション〈5〉怪異霊験 (ちくま文庫)はこんな本です

ツイートする