古本屋五十年 (ちくま文庫)

  • 27人登録
  • 3.18評価
    • (0)
    • (3)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 青木正美
制作 : 青木 有花 
  • 筑摩書房 (2004年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480039699

古本屋五十年 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昭和28年に20歳で古本屋を開業した著者の記録。何気なく立ち寄る歴史ありげな古本屋さんにはこんな商売の苦労と視点があったんだと驚く。何十年も先輩で知識量の豊富な同業者と渡り合えるまでの話を聞くと、やっぱり特別なスキルがある人が古本屋を成立させているように思う。値付けや価値観の変化の解説は「プロはそこを見るのか」と面白い。

    元の本は1982年の自費出版、それに1992年に増補再編集して文庫化は2004年。今は2017年。さらに変わって、さらに遠くなりつつある。

  • ■店の奥で陰気に座っている古本屋亭主の姿からは想像もできない、古本の世界。単に本を仕入れるだけでなく、店を成り立たせるための様々な努力にあっけにとられるばかり。自分には古本屋は無理だと悟った傑作。

  • 堀切青木書店の50年史。昔の葛飾の野が脳裏に広がる。

全3件中 1 - 3件を表示

青木正美の作品

古本屋五十年 (ちくま文庫)はこんな本です

ツイートする