ダニにまつわる話 (ちくまプリマーブックス)

  • 22人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (2)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 青木淳一
  • 筑摩書房 (1996年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480041999

ダニにまつわる話 (ちくまプリマーブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ダニを害虫だと思い込んで嫌ってきたが、実はダニの大半は人間に危害を加えることは無いという。むしろ、落ち葉などを分解して植物へ栄養を与えてくれていたのだ。

  • あっさりさくっと読める、ダニについてまとめられた本。何せ「プリマーブックス」なので、ダニという研究分野について深く掘り下げてあると期待してはいけない。あくまで、中学生ぐらいの子たちがこの分野に興味を持てるように、という視点で書かれていて、内容は初歩的かつ概論的。大人が読むにはちょっと物足りないと思われるが、かといってまったく役に立たないという訳でもない。薬剤抵抗性を獲得していったダニの進化に関する部分なんかは、非常に面白く読めました。

    この本を起点として、関心が出てきたら「大人向け」の専門書に手を出していくのが正しいルートかと思います。

  • ダニの研究、凄く楽しそうに感じました。

  • ダニの真面目な本。
    ゴキブリについで、ダニの本も有った。
    ダニが怖いだけで、この本を読まないのは
    明らかにソン!
    表紙の絵にあるように、お札にダニの絵が印刷されてたら、どうするのですか?
    ダニへの偏見、さようなら!

  • 「ダニのような奴だ」とか「あいつは街のダニだ」など、嫌われものの代名詞のようにいわれるダニ。でも、ほんとうのダニってどんな生きものなのだろう。ほとんどのダニは自然界の中で生きている。豊かな森林の中では人が一歩歩くと2000匹以上のダニを踏みつけているという。ダニは自然界になくてはならない存在なのだ。彼らはどんな習性をもち、その生命を維持しているのか。

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ダニにまつわる話 (ちくまプリマーブックス)に関連するまとめ

ダニにまつわる話 (ちくまプリマーブックス)はこんな本です

ツイートする