シェイクスピア全集26 リチャード二世 (ちくま文庫)

  • 31人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : William Shakespeare  松岡 和子 
  • 筑摩書房 (2015年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480045263

シェイクスピア全集26 リチャード二世 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読書日:2017年8月20日-8月21日.
    Original title:The tragedie of King Richard the second.
    King RichardⅡの不幸は七歳で王位継承者と定められ、十歳で戴冠した事にあると考えます。
    そして周りの貴族や有人達の甘言が真実と思い込み、
    一番近しい身内で同年齢の従弟であるHenry Bolingbroke達を
    信じられずにEnglandから追放してしまいます。
    周りに難があっただけで決して悪人ではなかった彼が幽閉され獄死した事が哀れでなりません。
    僅か七歳の王妃となったIsabella of Valoisも幼いながらも夫の事を考えて行動していただけに可哀想です。
    彼の言葉で泣く泣くFranceへ戻る彼女の姿が印象的でした。
    同年齢であるので、King RichardⅡとHenryとの共同統治であったなら
    どの様に歴史は動いたかとも思わずには居られません…。

  • 歴史物にあり

  • 権力闘争の言葉の駆け引きが良い。
    ここからヘンリー四世に繋がると思うと面白い。

  • 王であるから威圧的で独断的であるがひとたび権力の歯車が狂いだすとすんなりと退位してしまった。挙げ句の果ては粛清される。権力への執着が弱いリチャード。

全4件中 1 - 4件を表示

W.シェイクスピアの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

シェイクスピア全集26 リチャード二世 (ちくま文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

シェイクスピア全集26 リチャード二世 (ちくま文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シェイクスピア全集26 リチャード二世 (ちくま文庫)はこんな本です

ツイートする