ガットからWTOへ―貿易摩擦の現代史 (ちくま新書)

  • 11人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 池田美智子
  • 筑摩書房 (1996年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480056511

ガットからWTOへ―貿易摩擦の現代史 (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 授業でならったことだから、わかりやすかった。

全1件中 1 - 1件を表示

池田美智子の作品

ガットからWTOへ―貿易摩擦の現代史 (ちくま新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガットからWTOへ―貿易摩擦の現代史 (ちくま新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ガットからWTOへ―貿易摩擦の現代史 (ちくま新書)の作品紹介

戦争の引き金となった世界経済のブロック化と保護主義を防ぎ、第二次大戦後の世界経済の枠組みを決めるために、一九四四年、アメリカのブレトンウッズで会議が開かれた。その結果、国際通貨基金や世界銀行と並んで、国際貿易のルールを管理するガット(GATT)が創設された。日本は一九五五年になってようやく加盟できたが、第三五条による差別が続くなど、その道は決して平坦ではなかった。さまざまな紛争や摩擦に翻弄された貿易立国・日本の戦後の歩みをたどり、世界貿易の未来を構想する。

ガットからWTOへ―貿易摩擦の現代史 (ちくま新書)はこんな本です

ツイートする