文章添削トレーニング―八つの原則 (ちくま新書)

  • 44人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (5)
    • (13)
    • (1)
    • (2)
  • 10レビュー
著者 : 古郡廷治
  • 筑摩書房 (1999年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480057891

文章添削トレーニング―八つの原則 (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容はいいが、やや難易度が高い。

    仕事で、不特定多数の人に読まれる文章を書くことになったので、正しい文章を書くための教材として、この本を読んでみました。

    凄く勉強になるし、さすが文章の本を書くだけあるなと思いましたが、読み終わって実力が向上した感じがしない。

    何故かというと、問題を出していても、答えが無い時かあるから。これだと感覚的にはわかったと思っても、確認出来ないんですよね。

    おそらくこれが低評価の理由でしょう。

    内容的にも、今時のお手軽ハウツー勉強本とは違い、ある程度のレベルにある人向けの本だと思います。

    文章苦手だな~レベルの人は、別の本を読みましょう。

    本格的に正しい文章を書きたい方のみ、オススメです。

  • 余談のページがおもしろかった。入試の国語の勉強をしている時にも感じたけれど、自分は書くことに慣れてないなーと改めて思った。これからは論述式の試験など、たくさん書かなければならない場面が増えるので、上手い文章が書けるようになれたらなと思う。

  • 八つの原則で豊富な添削例を示しながら基本的な文章の書き方を教えてくれる本です。

    8つの原則とは、

      1. 完全な文を書く
      2. 短い文を書く
      3. 肯定・能動の文を書く
      4. 結束力のある文を書く
      5. 主題のある段落を書く
      6. 論理性のある文章を書く
      7. 的確な語句を使って書く
      8. 日本語の文章は日本語で書く

    です。

    それぞれは、わかりやすく書いているのですが、ポイントがあまり頭に残りません。
    ま、本には相性がありますからね。

  • 構想はいいが、文章が読みやすくない(よく練られていない気がする)。途中で読む気がしなくなった。

  • [ 内容 ]
    文章上達の極意。
    客観的な情報を伝える文章の原則とは何か。
    上達のコツと要点がつかめる入門書。

    [ 目次 ]
    第1章 完全な文を書く
    第2章 短い文を書く
    第3章 肯定・能動の文を書く
    第4章 結束性のある文を書く
    第5章 主題のある段落を書く
    第6章 論理性のある文章を書く
    第7章 的確な語句を使って書く
    第8章 日本語の文章は日本語で書く

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 一般的な文章を書く上でのポイントを紹介。

    「理科系の作文技術」と似たような内容なので、まずは「理科~」を読んだほうがよいと思うが、「理科~」は小難しいところもあるので簡単にさらっと読みたい方はこちらの本のほうから読まれたほうがよろしいかな。

  • 読みにくい。

  • 目からうろこでした。
    自分の文章の悪いところは、わかっているけど、
    さて、どうすればよくなるのか、わからず悩んでいた。

    ああ、助詞を繰り返してはいけないのね、
    結束性のある文章を目指せばいいのか。
    理解したけど、実践で書けるようになるかは
    今後の自分次第だ。

    文章を書いてみて、またしばらくしたら読みたい本。

  • 具体的「悪文」を挙げつつ、何処が悪いのかを演習形式で指摘していく書籍。最初は「てにおは」や一文の区切りといったやさしいものから、徐々に文章の論理性、段落の意味づけなど、やや高度の文章表現に移っていく。内容は良いが、読み物としてはあまりおもしろくない。以前読んだ清水義範の方がおもしろくてためになる。ただ、情報量は圧倒的にこちらが上。余談だが、悪い文章の例として大学生の評論文が挙げられているが、それを読んで痛感するのは文章表現の拙さよりも、学生の視点の浅さ、陳腐さであった。

  • <div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-img" style="float:left; margin-right:15px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480057897/usaginosyosai-22" target="_blank"><img src="http://images.amazon.com/images/P/4480057897.09._SCMZZZZZZZ_.jpg" class="booklog-imgsrc" style="border:0px; width:100px"></a><br></div><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480057897/usaginosyosai-22" target="_blank">文章添削トレーニング―八つの原則</a></div><div class="booklog-pub">古郡 廷治 / 筑摩書房(1999/02)</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:313,184位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/3.gif"><br><div class="booklog-review" style="margin-top:6px; padding-left:3px;"><img src="http://booklog.jp/img/3.gif" align="absmiddle">理系の人向き<br></div></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480057897/usaginosyosai-22" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/asin/4480057897/via=usaginosyosai" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

全10件中 1 - 10件を表示

古郡廷治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ウェー...
ジェームス W....
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

文章添削トレーニング―八つの原則 (ちくま新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文章添削トレーニング―八つの原則 (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文章添削トレーニング―八つの原則 (ちくま新書)の作品紹介

文章上達の極意。客観的な情報を伝える文章の原則とは何か。上達のコツと要点がつかめる入門書。

文章添削トレーニング―八つの原則 (ちくま新書)はこんな本です

文章添削トレーニング―八つの原則 (ちくま新書)のKindle版

ツイートする