日本のエロティシズム (ちくま新書)

  • 15人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 百川敬仁
  • 筑摩書房 (2000年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480058430

日本のエロティシズム (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    エロティシズムは、日本ではどのような歴史をたどって形づくられてきたのだろうか。
    西欧世界のエロティシズムと比較したとき、どのような固有性が見出せるのだろうか。
    またそれは、現在の性の状況にどのようにつながっているのか。
    江戸時代に出現した“もののあわれ”とよばれる感情を手がかりに、古代の源氏物語から、中世の軍記物、近世の近松門左衛門、近代の泉鏡花・天皇制などを経て、現代の三島由紀夫、村上春樹までを題材にして、西欧との対比をしながら深層に分け入ってゆくミステリアスな一著。

    [ 目次 ]
    第1部 エロティシズムと時間性(文化とエロティシズム 観念としてのエロティシズム 熟してゆく時間 ほか)
    第2部 近世日本のエロティシズム(近世以前 肉体の浮上 観念の反撃 ほか)
    第3部 近現代日本のエロティシズム(近世の遺産 近代天皇制とエロティシズム 性への恐れ-森鴎外ドイツ3部作をめぐって ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 〈もののあはれ)を共同体における共通認識による共感意識、としているのが面白かった。文学論かと思いきや、哲学思想だった。ただ、かなり読みやすいとは思う。著者は本居宣長研究者か?〈2007/08/24)

全2件中 1 - 2件を表示

百川敬仁の作品

日本のエロティシズム (ちくま新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本のエロティシズム (ちくま新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本のエロティシズム (ちくま新書)はこんな本です

ツイートする