市町村合併 (ちくま新書)

  • 55人登録
  • 3.30評価
    • (2)
    • (4)
    • (21)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 佐々木信夫
  • 筑摩書房 (2002年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480059543

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

市町村合併 (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

  • 平成14年の本なので、今となってはかなり古いのですが、平成の市町村合併が政府主導で合併特例債や地方交付税の維持など財政的な支援をテコに進められたと分析する一方、市町村合併のあるべき進め方を論じる。合併の形態にもよるのでしょうけど、合併自治体間の公の施設の使用料や職員給与のすり合わせなど、かなり大変なのではないかと思わずにはいられない。

  • 市町村合併によるメリットなどの整理。理論的にはよくわかる。
    「ガバメント」(統治)から「ガバナンス」(協治)への変化による市町村の動向に要注目。

  • 本書は平成の市町村合併の経緯や背景をコンパクトに解説しており、いったい市町村合併とは何であって、何を目指すべきか、そして<志の高さ>の重要さについて考えさせられます。21世紀の日本にとって、この地方自治制度改革はかなり重要な意味を持ち、住民も真剣に受け止める必要があると確信しました。

  • 市町村合併における背景、論点などが簡潔にまとめられた基本書。

  • 政治学で、市町村合併問題を主に学んでいるので読んでみた。理想と現実は違うのよ、小泉首相。

全5件中 1 - 5件を表示

市町村合併 (ちくま新書)を本棚に登録しているひと

市町村合併 (ちくま新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

市町村合併 (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

市町村合併 (ちくま新書)はこんな本です

ツイートする