戦争の記憶をさかのぼる (ちくま新書(552))

  • 16人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 坪井秀人
  • 筑摩書房 (2005年8月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480062529

戦争の記憶をさかのぼる (ちくま新書(552))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    二〇〇五年八月で敗戦から六〇年を迎える。
    六〇年とは、ほぼ二世代の年月だ。
    子へ孫へと“戦争の記憶”というバトンはきちんと手渡されているだろうか。
    本書は湾岸戦争以後、アフガン戦争、イラク戦争と続く現代の戦争空間を視野に収めながら、「当時者意識の希薄化」という危機感のもとに、アジア太平洋戦争を私たちがどのように記憶し、あるいは忘却してきたのかを検証する。
    戦後五〇年から戦後一〇年まで、文学者、新聞メディアの言説をさかのぼり、一九四五年八月の敗戦をまたいだ詩人・高村光太郎の戦中・戦後に焦点を合わせ、戦争の記憶をリセットする力に対峙する思考をさぐる。

    [ 目次 ]
    序章 記憶のレッスン
    第1章 見えない戦争―湾岸戦争と『敗戦後論』(見世物としての戦争/戦争という見世物;湾岸戦争詩の波紋 ほか)
    第2章 戦争という名のテロリズム―9・11と「四千の日と夜」(二〇〇一年九月一一日;“ブッシュはカイバルを知っているのか?” ほか)
    第3章 “戦後”の変容―メディアの言説から(一九九五年(戦後五〇年)
    一九八五年(戦後四〇年) ほか)
    第4章 敗戦をまたぐ―「一億の号泣」(東京大空襲体験者の描いた絵;高村光太郎の空襲体験 ほか)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 勿体ぶった専門用語を使う必要なんてないのに、晦渋な素振りをちらつかせる点が猛烈に鼻につく。結局、なにが言いたいのかよくわからない。『敗戦後論』が嫌いなことはよくわかった(笑)。高橋哲哉については両手を挙げて賛成まではしたくないけど、大筋、賛成というところなんだろう…と読める。ああ、やっぱりわかりにくいっ!文学の門外漢が言うのもナンだが、荒地派の評価って、これでいいんだろうか?と訝しい気分。新しい知識を得た箇所があったので、そのぶんだけ親切に(?)★をつけたくなった一冊。退屈まではしなかったけれど、個人的には鬱陶しい本、という感想。

全2件中 1 - 2件を表示

坪井秀人の作品

戦争の記憶をさかのぼる (ちくま新書(552))の作品紹介

二〇〇五年八月で敗戦から六〇年を迎える。六〇年とは、ほぼ二世代の年月だ。子へ孫へと"戦争の記憶"というバトンはきちんと手渡されているだろうか。本書は湾岸戦争以後、アフガン戦争、イラク戦争と続く現代の戦争空間を視野に収めながら、「当時者意識の希薄化」という危機感のもとに、アジア太平洋戦争を私たちがどのように記憶し、あるいは忘却してきたのかを検証する。戦後五〇年から戦後一〇年まで、文学者、新聞メディアの言説をさかのぼり、一九四五年八月の敗戦をまたいだ詩人・高村光太郎の戦中・戦後に焦点を合わせ、戦争の記憶をリセットする力に対峙する思考をさぐる。

戦争の記憶をさかのぼる (ちくま新書(552))はこんな本です

ツイートする