職人暮らし (ちくま新書)

  • 24人登録
  • 3.73評価
    • (3)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 原田多加司
  • 筑摩書房 (2005年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480062598

職人暮らし (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    技術を身につけて職人になりたい―大学を出ても就職が難しい現在、そんな若者が増えている。
    そして若者にとどまらず、職人への転職を考えるサラリーマンも少なくない。
    では、職人になるにはどうしたらいいのか。
    そして、職人生活(人生)はサラリーマン生活(人生)とどうちがうのか。
    著者は、桧皮葺・柿葺の専門職人の十代目で、国宝や重要文化財となっている歴史的建造物の保存修復を生業とする。
    その著者自身の経験および、屋根職のほか、宮大工、左官などの他の匠たちから聞き出した話をもとに、職人人生の機微と、知られざる伝統技術職人の「現在」を伝える。

    [ 目次 ]
    序章 職人学事始め
    第1章 職人の住まいと生活
    第2章 職人の技
    第3章 職人の経済学
    第4章 職人を育てる
    第5章 職人の掟
    第6章 職人、旅に学ぶ
    終章 職人の引き際

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 職人は現場が教科書とのことだから、本書を読んでも職人にはなれないことが分る。
    現場で、技を盗んで、自分で試していくしかないのだろう。
    職人以外の人が書いた本よりは、現実味があって、職人の暮らしが想像しやすかった。

    一番大事なのは、欠点を直すなということだと思った。
    長所を伸ばせば、短所は気にならなくなるからとのこと。

  • 僕は昔、こういう世界に一時、自分の身を置いていたことがあってそのときの事を思い出しながら読んでいました。職人の生涯と仕事について書かれた本です。

    僕は昔、こういう世界に身をおいていたことがあったので、この本を見て手にとって見ては見たのですが結局のところ職人の世界にはにはなじめなく、こうしてここで駄文を書き垂れてるわけですのでなんともいえませんが、実際に彼らの世界に飛び込んでいくかと言うことはまた別の話だとしても読み物として読む分には面白かったです。

    書いているのは主に伝統工芸に従事する職人についてのよもやま話なんですが、ここで取り上げられている職人たちのほかにも現在では職人の職種が横文字のものも含めて現在では細分化されすぎていて、区別がつきません。

    ここで僕が覚えている話といえば、技量については申し分ないのですが、あまりにも融通が利かないので、暇を出されてしまった一人の職人のことでしょうか? 自分の仕事に誇りを持っていて、仕事で人に遅れをとるのは恥だと言う教育を受けている、と言う一文が自分の心の中に非常に残っていまして。仕事とはこれだけかけなければいけないことなのかと読んでいて身が引き締まる重いでした。
    悪くない本ですよ。これも。

  • 檜皮葺(ひわだぶき)師という職人が書いた本。この手の本にしては、説教じみた感覚が少なく好感の持てる筆致だ。含蓄のある言葉が随所にまとまっていて共感できる。特に人を育てるというテーマには、勉強になる話しが多かったように思う。ただし、職人特有でもない話を、職人特有のように書いている部分が何箇所かあるのがちょっと残念。

  • 2005.10 222p. 18cm ちくま新書562<br>
    502.1 職人<br>

全5件中 1 - 5件を表示

原田多加司の作品

職人暮らし (ちくま新書)の作品紹介

技術を身につけて職人になりたい-大学を出ても就職が難しい現在、そんな若者が増えている。そして若者にとどまらず、職人への転職を考えるサラリーマンも少なくない。では、職人になるにはどうしたらいいのか。そして、職人生活(人生)はサラリーマン生活(人生)とどうちがうのか。著者は、桧皮葺・柿葺の専門職人の十代目で、国宝や重要文化財となっている歴史的建造物の保存修復を生業とする。その著者自身の経験および、屋根職のほか、宮大工、左官などの他の匠たちから聞き出した話をもとに、職人人生の機微と、知られざる伝統技術職人の「現在」を伝える。

職人暮らし (ちくま新書)はこんな本です

ツイートする