使える!確率的思考 (ちくま新書)

  • 453人登録
  • 3.37評価
    • (10)
    • (45)
    • (83)
    • (8)
    • (1)
  • 50レビュー
著者 : 小島寛之
  • 筑摩書房 (2005年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480062727

使える!確率的思考 (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2005年刊行。著者は帝京大学経済学部環境ビジネス学科助教授。◆現代社会で意外と用いられている確率的手法。偏差値(標準偏差)が典型だが、他にも多数存在する。本書は確率理論の一端と現代の利用方法を検討し、一見現実的でない確率論とリアルとの繋がりを提示する。◆主観的・心理的確率としてベイズ推定。ざっくりした仮説からスタートするが、試行を繰り返す毎に徐々に学習して推定値の精度が上がっていく。高画質ファックス(電話送信のゆらぎが判っているため可能)、スパムメールの除去フィルター。◇これだけでも収穫ありの一書。

  • 具体的に確率論の使って導き出せる日頃のことをわかりやすく描かれている。

    確率が使えるって思っていない人には役立ちそうだが、
    確率を使いたいって思う私には、どうやってその数値を出したのという部分をもう少し知りたかった。

    本の訴求点と自分のニーズがあってなかった。

  • 目から鱗とまではいかないけど、本書のような切り口で考えれば、なるほど腑に落ちる事象は少なくないと思える。誰しもが、人生の経験値などから演繹的に次の行動を決定する、みたいなことは知らず知らずやってると思うし、ここから自信の行動変容に繋がる、みたいな画期的発見はあまりなかったように思うけど、論考内容としては興味深く拝見いたしました。

  • ・我々は夕食のレストランを決めるとき、「メニューの豊富なレストラン」に決めることが多い。なぜか。
    ・未知に対する最も有効な対策は、事態をできるだけ未確定のまま放置しておくこと。勃興する優柔不断への欲望をかなえるのが貨幣である。
    ・貨幣を保有することは、将来手に入れることのできる「多数の商品メニュー」を手にしているのと同じ。
    ・人々は消費に対する欲望を満たすために経済行動をする。しかし、自分の未来の消費への欲望がいかなるものであるかは「自分にも不明瞭」なのだ。

  • 不確実なものに対する合理的な選択について、考えさせてくれる。働きアリと怠けアリのモデルの話が印象的だった。

  • 請求記号:SS/417.1/Ko39
    選書コメント:
     統計学と表裏一体の関係にある確率について、様々な「使う」局面から解説された新書版テキスト。事例満載で解り易い。
    (東松山図書課 課長)

  • 数学畑の経済学者として有名過ぎるほど有名な著者だが、語り口に非人間的な冷たさはなく、むしろ文系的なウェットさが垣間見えるのが特徴。この本については似たような本を既にある程度の量読んでいたのであまり驚きはなかったが、いつも他人に伝えられなくてもどかしい思いをしていた事を見事に言語化してくれていて、頭の整理に役立った。

  • 答えにくいことを聞き出すアンケート方法になるほど、と膝を打った。

  • ベイズ推定、働きアリ・怠けアリゲームはとても面白かったが、計算がよくわからなかった。残念

  • 難しいことを難しく説明するより、簡単に説明するほうが難しい、という意見を聞くことがあるが、本書はまさに難しいことを簡単に、かつ読みやすく書かれたものだと思う。

    タイトルを見て、もう当たり前になった、ちょっとタイトルにインパクトを持たせただけの、難しい本だろうと思いつつも、本書を手に取った。『確率的思考』という言葉には、数字そのものに拒否反応を示す数学オンチの私にとって、月の裏側での話のような響きがあったのは事実であった。しかし冒頭で、この本を読まなかった場合、『この本を読んだ場合の世界には存在できない』というような口説き文句があり、グラッときてしまった。

    結果的には、確率的思考が身に付いたとはとても言えない(素養の欠如の問題が大きい)が、とても楽しく、そして一気呵成に読むことができた。
    特になるほどと思わされたのは、アリのなかで、一生懸命に努力する奴と怠ける奴が存在する話で、その話自体はこれまでに聞いたことがあったものだったが、これを確立論的に説明をされているトコロであった。一つひとつの話が丁寧に進められているので、とても分かりやすい。

    機会があったら、また読みたいと思う。

全50件中 1 - 10件を表示

小島寛之の作品

使える!確率的思考 (ちくま新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

使える!確率的思考 (ちくま新書)の作品紹介

ギャンブル、天気予報、ビジネスから人間関係まで、この世は不確かな事柄でいっぱいだ。私たちは、偶然に翻弄されながら、可能性の高さを見積もったり比較したりして、自らの行動を決断せねばならない。では、賢く適切な選択をするにはどうすればよいか?そこで強い味方となるのが「確率的思考」である。本書は、数字の苦手なわれらにも腑に落ちる平明な語り口で、確率のテクニックを駆使して考える術を伝授する。ツキの正体、統計数字のからくり、人づきあいやビジネスでの意思決定法など、魅力に富んだ事例満載で愉快に学べる一冊。

ツイートする