“狐”が選んだ入門書 (ちくま新書)

  • 85人登録
  • 3.74評価
    • (5)
    • (13)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 山村修
  • 筑摩書房 (2006年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480063045

“狐”が選んだ入門書 (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 入門書という一見、読書家にとって、あまり気にされる事の無い書物の書評も著者にかかれば、あら不思議

  • 紹介されている本が読みたくなった。

  • おそらくはかなりの読書量を積み上げてきたであろう著者が厳選した25冊の「入門書」の紹介。

    「入門書こそ究極の読みものである」と冒頭で著者が主張する入門書とは、『図解、マンガでわかる』のようなものではなくて、その本のテーマに関して思索を重ねたであろう人の著作である。

    この著者の各「入門書」紹介の文章は、紹介する本について要点をまとめただけのものではない。著者が過去に読んできた別の本から、その「入門書」著者の魅力満載エピソードや歴史的・文化的背景上その「入門書」が持つ価値などをさらりと説明する。その、他の本からの流用に自分の知識をひけらかす感じがないところが好ましい。著者の豊かな読書経験がうかがわれる。

    著者は実に謙虚な方である。
    自分の見方はこうだったけれど、この「入門書」ではこんなところまで指摘してる、すごい!!といったふうに、自分を下げてでも本とその著者を持ち上げる。
    文章全体に「入門書」に対する尊敬の念が漂っている。
    読んでいて楽しかったし、蒙をひらかれたところもあるこの著作もまたすぐれた「入門書」であるといえる。

  • おすすめ資料 第27回入門書を馬鹿にしていませんか?(2007.6.1)
     
    連綿と続いてきた本の世界の住人になるための最初の一冊をどうして見つけるかについて丸谷才一氏は「うんと感心した書評があったら、読んでみる」そして「その書評を書いた人の本を読んでみる」ことが大事だと言っています(『思考のレッスン』)。

    「ひいき筋の書評家」といえば昨年惜しまれながら亡くなった「狐」、山村修氏のことを思い出す方も多いのではないでしょうか。
    その山村氏の生前最後の本となった『<狐>が選んだ入門書』は、単なる手引書ではなく「究極の読み物」として「その本そのものに、すでに一つの文章世界が自律的に開かれている」「それ自体、一個の作品である」ようなすぐれた入門書を5章にわたって25冊紹介したものです。
    この本自体が山村氏の言う究極の読み物といえるので、この箇所も、あの箇所もと引用したい誘惑に抗しがたいのですが、その愉しみは皆さんにお譲りすることにして、もう一冊、残念なことに彼の逝去後の出版となってしまった『花のほかには松ばかり』をご紹介します。

    能楽や謡曲についての「手引書」は数多く出版されていますが、山村氏のこの本は、観るときの補助としての謡曲が「読む」という行為をとおすことによって、どんなに豊穣な世界をわたしたちに広げて見せてくれるかを教えてくれるすぐれた「入門書」です。

    「専門書」を読みすぎて倦んだ頭脳を、27冊の入門書たちの広く深い華麗な世界を味わうことによって活性化していただけたらと思います。

    なお、書評家としての「狐」については『書評家 <狐> の読書遺産』、若島正の書評「共感のさざなみ、かきたてられて」(『毎日新聞』今週の本棚2007年2月25日)も是非お読みください。

  • 入門書とはある分野を学ぶための補助線でなく、その本そのものに、一つの文章世界が自律的に開かれている。本当にそう思うし、そうした本に出逢いたい。

  • 素直にこの書が読みたいという気にさせるのは、著者がなんら賢しらなく謙虚に書物に向き合っているからだろう。書物に魅せられていることが率直に伝わり、それがまた人の心を打つ、そういう鮮やかな文章が所々にある。もう一歩視野を深める読書を、という人にお勧めの一冊。

  • 入門書として適している本がたくさん紹介されている。
    読んでみたい本がたくさんあった。

    2013/07/20から読み始め。07/24読了

    2013/07/13 ご自由にお持ちください,から頂いた。

  • [ 内容 ]
    目的をもった読書にとって、よい入門書を選ぶという作業は欠かせない。
    それはわかりやすい見取り図を示し、適切なチェックポイントを教えてくれるからである。
    ところが、世間には入門書が溢れかえっており、その時の自分の関心やレベルにあったものを選ぶのは実はとても難しい。
    その結果、迷路に入り込んでしまって、膨大な無駄を重ねることになりやすい。
    では、どうすればよい入門書を選ぶことができるのだろうか。
    そもそも、よい入門書とは何か。
    広くて深い入門書の世界を解き明かす異色の読書論。

    [ 目次 ]
    第1章 言葉の居ずまい(国語辞典に「黄金」を掘りあてる―武藤康史『国語辞典の名語釈』;敬語は日本語の肝どころ―菊地康人『敬語』 ほか)
    第2章 古典文芸の道しるべ(社会人に語りかける古典入門―藤井貞和『古典の読み方』;古歌を読む分析的知性の強力さ―萩原朔太郎選評『恋愛名歌集』 ほか)
    第3章 歴史への着地(歴史への抑えに抑えた怒り―エルンスト・H・ゴンブリッチ『若い読者のための世界史』;歴史的想像力の剣さばき―岡田英弘『世界史の誕生 モンゴルの発展と伝統』 ほか)
    第4章 思想史の組み立て(世相の向こうに「近代」の醜怪をあばく―金子光晴『絶望の精神史』;考えるべきことを考えよという指針―田川建三『キリスト教思想への招待』 ほか)
    第5章 美術のインパルス(たっぷりとゆたかな「小著」―武者小路穣『改訂増補 日本美術史』;江戸絵画の見かたをかえる異色の水先案内―辻惟雄『奇想の系譜』 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  •  痺れるね〜。たまらん。人生を簡潔にスケッチする様が、ハードボイルドの領域に達している。

     <a href="http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20080803/p1" target="_blank">http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20080803/p1</a>

  • 烏兎の庭 第三部 書評 5.26.07
    http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto03/bunsho/fox.html

全11件中 1 - 10件を表示

山村修の作品

“狐”が選んだ入門書 (ちくま新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

“狐”が選んだ入門書 (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

“狐”が選んだ入門書 (ちくま新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

“狐”が選んだ入門書 (ちくま新書)はこんな本です

ツイートする