『新約聖書』の「たとえ」を解く (ちくま新書)

  • 50人登録
  • 2.82評価
    • (2)
    • (0)
    • (11)
    • (1)
    • (3)
  • 5レビュー
著者 : 加藤隆
  • 筑摩書房 (2006年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480063304

『新約聖書』の「たとえ」を解く (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 逗子図書館にあり

  • 「宗教なんて胡散臭い。」

    これが一般的日本人のもつ宗教観だが
    カルトの奇行ばかり報道される日本では仕方ないかもしれない
    世界から見ればそんな日本人は野生の猿なのかと疑うという

    頭が固く無宗教、無神教を唱える人にこそ読んで欲しい一冊

    述べたい感想は山ほどあるが一行にとどめておく
    「聖書って、こんな読み方があるんだ」

  • 「イエスの喩え噺」ーそのメッセージを明快に説くのに、斯様にもまわりくどいロジックでなさねばならないのか…。

  • 何とも面白そうなタイトルで、去年衝動買いしてしまったこの本。そもそも「たとえ」「たとえ話(パラボレー)」とは何か、新約聖書の系譜などの話から始まって、「サマリア人」、「放蕩息子」、「宴会への招待」、「種まき」の4つのたとえ話の解釈について述べられる。素人なので、どうも納得できないところや、こじつけじゃないかと思ってしまう箇所が多々あって、やっぱり俺って文学とは合ってないのか、とも思ってしまったが、思ってもみなかった「たとえ話」の解釈が示されていて、それだけでもとても興味深い。差別主義の話がなんとも閉鎖的だなーと思ってしまうがそうでもないらしい。この本は、多少なりとも聖書を読んだことのある人に向けた本だと思う。(07/06/15)

全5件中 1 - 5件を表示

加藤隆の作品

『新約聖書』の「たとえ」を解く (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

『新約聖書』の「たとえ」を解く (ちくま新書)はこんな本です

『新約聖書』の「たとえ」を解く (ちくま新書)のKindle版

ツイートする