地図に訊け! (ちくま新書)

  • 53人登録
  • 3.19評価
    • (1)
    • (5)
    • (8)
    • (0)
    • (2)
  • 7レビュー
著者 : 山岡光治
  • 筑摩書房 (2007年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480063656

地図に訊け! (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者は国土地理院に技官として入所し、ゼンリン勤めている(いた?)バリバリの実務家=実際に地図を作っていた方。
    そんな訳で文章は少々堅く読みやすいとは言い難い本ではあるのですが、いわゆる地図本(いわゆる地図本というのはどんな本かという話はここでは置いておく(^^ゞとは違い、地図を作る上での知識ネタ、地図表現の考察等々なかなか興味深い話しがたくさん書かれているのである。また、地図の著作権といったちょっとホットな?話題なども根拠法文なども踏まえてまとめてくれている。
    いろんな2次加工された地図が出回っている中で、今や古典的と言える一般的な地図が現在の日常生活にそれで役立つ実用書になり得るかどうかは少々疑問ではあるが、地図に興味がある方にとっては読んでおいて損はないかと思う新書である。

  • 国土地理院で測量や地図の作成を行った、ホンモノの地図屋さんが書いた本。何げなくお世話になっている地図について、大事な事からトリビアな話まで豊富な話題が満載。官製の地形図は相当のコストを要して作成されているいるが、原則無料で公開されているということが素晴らしく、地図=公共インフラという考え方に大いに共感できる。特に近年デジタル技術の進展により、地図情報の応用事例が急激に進化した感があるが、そのベースにあるのは地道な測位・測量と図面化という細かい作業のようである。

  • 請求記号 : 448.9||Y
    資料ID : 91112437
    配架場所 : 工大新書A

  • [ 内容 ]
    地図帳は究極の実用書だ。
    様々な土地情報がつまった“事典”であり、眺めているだけでそこへ行った気になれる“ガイドブック”でもある。
    そんな地図を使いこなすには、「地図が発する声」に耳を傾けるのがいちばん。
    地形表現や記号の意味と理由、官製地図の歴史や最新技術、国土地理院の仕事、測量や地図編集の苦労話…。
    地図の使い方から意外な楽しみ方まで伝授します。

    [ 目次 ]
    第1章 地図の楽しみ
    第2章 地図作りの、なぜ
    第3章 地図表現の秘密
    第4章 地図情報は正確か
    第5章 地図作りの現場から
    第6章 地図にはアイデアがいっぱい

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 地図帳は究極の実用書だ。様々な土地情報がつまった"事典"であり、眺めて
    いるだけでそこへ行った気になれる"ガイドブック"でもある。そんな地図を使い
    こなすには、「地図が発する声」に耳を傾けるのがいちばん。地形表現や記号
    の意味と理由、官製地図の歴史や最新技術、国土地理院の仕事、測量士や
    地図編集の苦労話...。地図の使い方から意外な楽しみ方まで伝授します!

  • 製作者からの目線がいい

全7件中 1 - 7件を表示

山岡光治の作品

地図に訊け! (ちくま新書)はこんな本です

地図に訊け! (ちくま新書)のKindle版

ツイートする