「奥の細道」をよむ (ちくま新書)

  • 62人登録
  • 3.63評価
    • (3)
    • (4)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 長谷川櫂
  • 筑摩書房 (2007年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480063663

「奥の細道」をよむ (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015年3月新着

  • 芭蕉にはまる。長谷川氏の他の本も読んでみたい。

  • これは良かった!私は俳諧のまったくの初心者なのだが、芭蕉の世界を理解できた。和歌は、三十一文字で一つの世界を読み上げるが、俳諧は切れのところでまったく違う
    (心の世界)へ飛ぶ。初めはそれがわかりにくかったが、通読するうちにわかってきた。そしてその面白さも。
    初心者でもこのように芭蕉の世界の面白さをわからせる書き方をしてくれる筆者がすばらしいと思う。

  • 「古池や・・・」の句で蕉風開眼した芭蕉が、その俳句の実践の場として、選んだ場所が歌枕の宝庫である東北(みちのく)であった。
    そして杜甫や西行のような旅に憧れて旅に出るのであるが、訪れた「みちのくの歌枕」の地での夢と現実のギャップそして失望、そして日本海側での「荒海や」の句で代表される宇宙的な体験、最後に人間世界への浮世帰りと、その旅の中で新境地を悟る。つまり、宇宙的なものから「不易流行」、人間世界への回帰からは「かるみ」へと、芭蕉の俳句が昇華していく旅であった事が平易に語られている。

    若い頃は誰でも、希望に満ち溢れている、ところが、長く生きていると、どうも様子が違う事に気づき始める。そして現代のようになかなか死ぬことすら出来ない悲惨な人生をどう生きていけばいいのか?
    著者は、「人生を幸福なものと思っていれば、ときどき出会う不幸は耐え難いものに思えるだろう・・・(略)・・・ところが、はじめから、人生は悲惨なものと覚悟していれば、ときどき巡ってくる幸福が素晴らしいものに思える。芭蕉が「奥の細道」の旅以降に詠んだ句はどれもこうした人生への深い諦念の上に立って詠まれている。あるいは、こうした諦念を下に敷いて詠まなければ、その味わいがわからない句である」
    我々の今後の心構えとしても、押さえておきたい人生観でもあります。

  • [ 内容 ]
    芭蕉にとって、『おくのほそ道』とはなんだったのか。
    六百里、百五十日に及ぶ旅程は歌仙の面影を移す四つの主題に分けられる。
    出立から那須野までの禊、白河の関を過ぎてみちのくを辿る歌枕巡礼、奥羽山脈を越え日本海沿岸で得た宇宙への感応、さまざまな別れを経て大垣に至る浮世帰り。
    そして芭蕉は大いなる人生観と出遭う。
    すなわち、不易流行とかるみ。
    流転してやまない人の世の苦しみをどのように受け容れるのか。
    全行程を追体験しながら、その深層を読み解く。

    [ 目次 ]
    第1章 「かるみ」の発見
    第2章 なぜ旅に出たか
    第3章 『おくのほそ道』の構造
    第4章 旅の禊―深川から蘆野まで
    第5章 歌枕巡礼―白河の関から平泉まで
    第6章 太陽と月―尿前の関から越後まで
    第7章 浮世帰り―市振の関から大垣まで
    エピローグ―その後の芭蕉

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全5件中 1 - 5件を表示

長谷川櫂の作品

「奥の細道」をよむ (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「奥の細道」をよむ (ちくま新書)はこんな本です

「奥の細道」をよむ (ちくま新書)のKindle版

ツイートする