40歳からの肉体改造―頑張らないトレーニング (ちくま新書)

  • 248人登録
  • 3.12評価
    • (3)
    • (18)
    • (24)
    • (9)
    • (4)
  • 24レビュー
著者 : 有吉与志恵
  • 筑摩書房 (2008年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480064332

40歳からの肉体改造―頑張らないトレーニング (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ◆2 コンディショニングという観点
    ・日本文化にコンディショニングの原点
    はだしの効用
    入浴

    ◆4 コンディショニングの基本
    ドルフィングテクニック

    ・ラディング さする

    ・ポンパージュ 指の腹で円を描くように圧をかける

    ◆5 体をリセットする方法
    23 鎖骨リンパ節のポンパージュ
    首を後ろをポンパージュ
    耳したリンパ節をポンパージュ

    24 鎖骨リンパ節のポンパージュ
    鎖骨を2本の指ではさみ真ん中から外へポンパージュ

  • 参考になった。
    コンディショニングを試す。

  • 2015/11/05
    移動中

  • 第62回「Enjoy Sports!」
    三葛館新書 780.7||AR

    タイトルには「40歳からの・・・」とありますが、不定愁訴に悩む人はぜひ一度読んでみてください。本書には、身体のコンディショニングを整えるためのメカニズムやコツ、身体をリセットする方法がイラストつきで分かりやすく説明されています。
    肩こりや倦怠感、眠りが浅いなど、さまざまな悩み別のトレーニング方法が取り上げられているので、どんな年齢の人でも、体質改善や日々の健康維持のためにとても役立ちそうな一冊です。
                                  (かき)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=51991

  • 【2015/1/15】
    紹介者:川森さん
    レビュー:米山

    いつも肉体についての本を紹介していただいて、ちょっとはまっちゃう!
    今回は足首回しをピックアップしていただき、実践。
    そう、実践しどころのある本です

  • 古本屋で100円だったため購入。

  • トレーニングというよりコンディショニングの本。
    歳を取ったら鍛えるよりもコンディションを維持する方が無理がなくていいのかも。

  • 良書。
    「コンディショニング」について、なぜ必要か?と、具体的な方法が書いてある。具体的な内容まで踏み込んでいるのは大概良書。
    筋肉から緊張を抜き、「モチのように」柔らかい、良い状態に変えるための理論がわかりやすく、読みやすい文章で書かれており、後半は図解入りで各部位の具体的なコンディショニング方法を解説。

    これは手元において、実際に試すべき本。

    肩こりが酷いので、試しにやってみたら軽くなった!

  • ・意識してよい姿勢を保つことは基本
    ・大きな振動が伝わると体のリセット感は無いので力を入れすぎない
    ・皮膚をさするようにして表層に近い老廃物を排出
    ・コアトレは重要。強制的に息を吐くことを繰り返す

    リセット方法が図解されているので手元において、たまに実践しよう

  • タイトルからアラフォー向けの筋トレの本を想像するけど、実際の内容は筋トレではなく、ストレッチと気功とリンパマッサージの本でした。

全24件中 1 - 10件を表示

有吉与志恵の作品

40歳からの肉体改造―頑張らないトレーニング (ちくま新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

40歳からの肉体改造―頑張らないトレーニング (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

40歳からの肉体改造―頑張らないトレーニング (ちくま新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

40歳からの肉体改造―頑張らないトレーニング (ちくま新書)はこんな本です

ツイートする