医療格差の時代 (ちくま新書)

  • 70人登録
  • 3.52評価
    • (5)
    • (8)
    • (14)
    • (1)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 米山公啓
  • 筑摩書房 (2008年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480064370

医療格差の時代 (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 診察費が支払えない弱者、介護施設から追い出される高齢者、メタボ検診のからくりとその将来的な悪影響、経営が成り立たないように出来ている介護業界、利潤追求に走るアメリカの病院チェーン、フリーター医者の増加etc...
    行政、経営、高齢化、利権、いろんな側面で問題がありすぎてスパゲティ状態。
    迷走した医療行政がますます現場を歪ませているというのが一貫して唱えられている。けど全体を見渡せて舵をとれる人っているんだろうか。

    読み終わっても「あーなんて難しい問題なんだー」と考えることを放棄してしまう(´Д` )

  • 『診察費が支払えない弱者、介護施設から追い出される高齢者、過剰労働でダウン寸前の勤務医たち。もはや現今の日本では平等医療が崩壊した。』ここに書かれていることがもし現実なら恐ろしい話ですね。

    ここまで医療問題が崩壊しているとは思いませんでした。前にここでも紹介した『貧困大国アメリカ』で医療の現場を特集した章を読んだことがありますが、一部の富裕層だけが最新の医療を受けることができて、あとの大多数は最低限の医療すら受けることができないそんな時代が日本でもこれから起こりうるかもしれません。いや、もうすでに起こっているのかもしれません。

    制度も瓦解しつつある中で、現場で働く医師たちの勤務実態もこれまた過酷で、特に30~40代の勤務医としては中堅どころの医師たちの負担がすさまじく、もちろん、普通の人たちに比べて高収入ではあっても、商社などに勤めている高校、大学の同期と水をあけられていると言う現実が紹介されていて、それで、過酷な業務に疲れ果てた勤務医が開業医になってしまう、でも昔ほどには『旨み』はないのだと、そんなことも書かれていましたね。

    『医者になれば一生カネには困らない』とまことしやかにささやかれていたときがありましたが、そうとも限らない時代になってきたんだなぁ、そんなことを読んでいて感じました。

  • 医師を取り巻く過酷な状況に唖然とした。
    お金が無いと生きられない現実を目の当たりにして、今まで日本の医療に対する根拠のない信頼感があったことに気付いた。
    子どもを産むのにも苦労しなければならない現在の医療体制を、見直す必要があるのだなと感じさせられた。

  • [ 内容 ]
    度重なる医療制度改革によって、日本の医療は歪みはじめ、もはや平等医療は崩壊している。
    医者不足、過剰労働の勤務医、追い出される弱者など現場の実態をレポートし、医者側と患者側の双方に生じる課題を克明に語る。
    医療行政の迷走により、日本の医療が歪みはじめている。
    診察費が支払えない弱者、介護施設から追い出される高齢者、過剰労働でダウン寸前の勤務医たち。
    もはや現今の日本では平等医療が崩壊した。
    悲鳴をあげる現場の実態をレポートし、医者側と患者側の双方に生じている課題を克明に語る。

    [ 目次 ]
    第1章 特定健診なんかいらない
    第2章 平等医療の崩壊
    第3章 なぜ製薬会社だけが儲かるのか
    第4章 変わりはじめた医療現場
    第5章 追い出される患者たち
    第6章 医者の収入格差
    第7章 開業医の厳しい現状
    第8章 日本の医療に明日はないのか

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • お医者さんから見てもやりきれない構造はあるのだ。

  • 医療者は大変だという話。

  • <pre><u><h4 Align="center">地域のはなし〜公共的なネットワークの行方〜</h4></u>
    <b>度重なる医療制度改革によって、日本の医療は歪みは
    じめ、もはや平等医療は崩壊している。医者不足、過
    剰労働の勤務医、追い出される弱者など現場の実態を
    レポートし、医者側と患者側の双方に生じる課題を克
    明に語る。</b>(TRC MARCより)

    資料番号:011053584
    請求記号:498.0/ヨ
    形態:図書</pre>

  • すぐ読めた。そういえば前医学生がこんな会話をしていた。080912

  • 度重なる医療制度改革によって、日本の医療は歪みはじめ、もはや平等医療は崩壊している。医者不足、過剰労働の勤務医、追い出される弱者など現場の実態をレポートし、医者側と患者側の双方に生じる課題を克明に語る。

  • (2008/8/17読了)内容云々以前の問題として。久しぶりに読みにくい・論旨が一向につかめない本でした・・・。これで小説やエッセイを書いてる著述家だって?

全11件中 1 - 10件を表示

米山公啓の作品

医療格差の時代 (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

医療格差の時代 (ちくま新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

医療格差の時代 (ちくま新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

医療格差の時代 (ちくま新書)の作品紹介

医療行政の迷走により、日本の医療が歪みはじめている。診察費が支払えない弱者、介護施設から追い出される高齢者、過剰労働でダウン寸前の勤務医たち。もはや現今の日本では平等医療が崩壊した。悲鳴をあげる現場の実態をレポートし、医者側と患者側の双方に生じている課題を克明に語る。

医療格差の時代 (ちくま新書)はこんな本です

ツイートする