教育の職業的意義―若者、学校、社会をつなぐ (ちくま新書)

  • 485人登録
  • 3.83評価
    • (20)
    • (46)
    • (28)
    • (3)
    • (1)
  • 44レビュー
著者 : 本田由紀
  • 筑摩書房 (2009年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480065230

教育の職業的意義―若者、学校、社会をつなぐ (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表題から自分がイメージした内容では無くて、読んでて内容が全然入ってきませんでした。
    不完全な現状を憂えていて、こういう風に考えられないだろうか、っていう意見ぽいことが書かれているのですが、何かが欠落しているように思います。
    現実が色々な事象がからみあっての今なのに、それに対しての意見としては視点が少なすぎます。

  • 2009年刊行。著者は東京大学大学院教育学研究科教授。

  • 同著者の「社会を結びなおす」に続いて読了。教育の職業的意義についてわかりやすく自分の論を述べていて、その論に非常に共感させられた。学校が現実社会の変化を捉え、未来の社会を形成していく人間にその変化の世界の中で不当な処遇に適切に<抵抗>する力と仕事ができるための<適用>する力をつけることが不可欠だという点は同意だなぁ。

  • 請求記号:SS/375.6/H84
    選書コメント:
    今では当たり前のように言われるのが、非正規従業員の増加、不安定な雇用です。特に若年層へのしわ寄せが懸念されますが、著者は日本の学校教育が職業能力を養う機会を一貫して持たなかったことと、密接な関係があると言います。であるとすると皆さんは、この議論を無視できるでしょうか。学生はあと数年で仕事に就くというのに、仕事に関する情報をこれまでどれだけ得られたか、考えさせられる著作です。
    (環境創造学部環境創造学科 小湊 浩二 准教授)

  • 柔軟な専門性のアイデアや教育の職業的意義の抵抗と適応を纏うべきという論調に同意した。本書では大学人が抱える現在のキャリア教育に対して感じていた違和感を詳らかにしてくれる。

  • 経済成長時代、社会はとにかく労働力を欲し新卒大量採用に入り、またそのまま労働力をキープするために年功序列型の昇進制度とした。これが社会から教育への規定である。また教育から社会への要請もあった。高学歴化が進み彼らを満足させる一方で、ブルーカラーとホワイトカラーの間での柔軟な人材移動もする必要があった。そのため年功序列の形となった。これが教育から社会への規定である。
    社会は制度を変えなければならないが、一方で学生は社会に出る際の専門性の構築が必要。キャリア教育は無駄に夢を壊すだけなので、新しい制度がいる。そこで柔軟な専門性構築を行う。まず専門性をどこかで構築すれば、仕事の仕方とかストレス耐性とかがついてほかにも適用できる。社会の側もキャリアラダーなどの制度が必要。育てながら昇進できる形。

  • 具体策を考えていきたい

  • あとがきに書いてありますが、キャリア教育が具体的な教育課程・方法の議論から遠ざかっていることを批判している一方で、柔軟な専門性に関しての教育課程・方法の議論に踏み込めていないところは難しいなあと思いました。しかしそれを差し引いても、<適応>と<抵抗>のバランスは色んなところで考えたいものだと思いました。

  • 〈適応〉と〈抵抗〉の両方をできるようにするための職業的意義をもった教育をつくること。

    職業的意義をもった教育とキャリア教育との違い。

    著者のいう「柔軟な専門性」という概念は、工学部のなかでは潰しが利くと言われる建築学科のやってきたところと近い。

    「柔軟な専門性」とは、

    弾性と開放性をもつ「暫定的な」職業的専門性を、「とりあえず」身につけること、そこを言わば基地として、隣接領域やより広範な領野への拡張を探索してゆくこと(p.178)


    このところ、大学教育の様々な分野において広義の「デザイン」への期待が高まっているのは、それが、この「柔軟な専門性」を実態化しているもののひとつだからではないか。文系を含めた大学生全体に拡張しうるほどの強度があるかどうかはわからないが。

    p.179からの「不器用な」人々の話も興味深い。こうした人々にむいてないと退場を願うのが狭義のデザイン教育で、彼らがなんとかできるようにするのが広義のデザイン教育という説明ができるかもしれない。

    批判しようのない正しいことが書いてあるが、答えが書かれていないではないかという批判はわかるが、この問題に答えるのは、それぞれの現場の実践者の仕事であろうとも思う。私もその現場の末席にいて、責任を感じる。本田はこの責任を「恥」と書く(p.214)。

    本書でいう、教育の「意義」は他の文献では「レリバンス」という語が使われる。その関連の話だ。

全44件中 1 - 10件を表示

本田由紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

教育の職業的意義―若者、学校、社会をつなぐ (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

教育の職業的意義―若者、学校、社会をつなぐ (ちくま新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

教育の職業的意義―若者、学校、社会をつなぐ (ちくま新書)の作品紹介

一九九〇年代に、若者の仕事は大きく変貌した。非正規社員の増加、不安定な雇用、劣悪な賃金…。なぜ若年労働者ばかりが、過酷な就労環境に甘んじなければならないのか。それは、戦後日本において「教育の職業的意義」が軽視され、学校で職業能力を形成する機会が失われてきたことと密接な関係がある。本書では、教育学、社会学、運動論のさまざまな議論を整理しながら、"適応"と"抵抗"の両面を備えた「教育の職業的意義」をさぐっていく。「柔軟な専門性」という原理によって、遮断された教育と社会とにもういちど架橋し、教育という一隅から日本社会の再編に取り組む。

教育の職業的意義―若者、学校、社会をつなぐ (ちくま新書)はこんな本です

教育の職業的意義―若者、学校、社会をつなぐ (ちくま新書)のKindle版

ツイートする