キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)

  • 3630人登録
  • 3.74評価
    • (279)
    • (532)
    • (368)
    • (92)
    • (19)
  • 584レビュー
著者 : 佐々木俊尚
  • 筑摩書房 (2011年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480065919

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

  • のめり込めなかった

  • 著者自身の生業でもある「キュレーション」の重要性について。

  • 第3-5章だけで十分だと思った

    フォースクエアの特徴
    1.巨大プラットフォームに準拠 2.場所と情報の交差点をうまく設計3.チェックインの概念を持ち込んだこと
    ツイッター、SNS:多対多、リアルタイム
    欧米はホストとゲストの関係は固定であるが、日本は対等な関係となっている
    インターネットの世界では価値観や興味を共有している人達の間で互いが共鳴によって繋がりエンゲージメントが生み出される
    ツイッターは自分の言葉で語っているかが大事
    チェックインの一般化:場所、番組、料理、ブログのエントリー、記事など情報を集めるためのブイを情報の海に浮かべるようなもの
    杭に人が介在することで世界観や価値観が加わり視座に進化する
    人の信頼度を測るには過去にその人が書いてきた記事を読んで判断すれば良い
    自分のボーダーを絶えず不確定化して自己の内部に不完結な状態を生成し続けることが必要
    ソーシャルメディアが普及し無数のキュレーターが視座を無限に拡張するとボーダーが不安定化しセレンディピティが生まれる
    ゆらぎこそ社会を健全に発展させていくための原動力。ゆらぎを常に生み出すダイナミックな多心円的なオープンな社会へ踏み込みつつある

  • 旬の時期に目を通すのが最適な本。手にした時点で発売からかなりの時間が経過していたので、鮮度が落ちてしまった感じ。

  • とても興味深い内容で、知識もえられました。文章が上手な感じで、本としても面白かったです。人によっては、一般的なビジネス書より難しく感じるかもしれません。

  • 情報の波の中から、特定のオーディエンスに向けて的確な情報を発信するキュレーター。みんなが同じ新聞を読んだり、テレビを見ることが徐々に少なくなってきている。日本人として固有の視点をみんなが共有することはなくなり、特定の趣味や視点を持った人が世界各地でビオトープのような生態系を形成している。モンゴル帝国が多様性に寛容でプラットフォームとして機能しながら文化を発展させることができた、という点は興味深かった。本書では多くの事例が紹介されていたが
    、読み終わるとほとんど覚えていなかった、、、。

  • 大量生産消費により機能は安価で手に入り、その先に求めるつながりや共感を充足するには、視座の提供、コンテキストの付与であるキュレーションは重要となる

  • ネット上のコンテンツ自体ではなく、コンテンツに文脈づけすることに価値を見出すというキュレーションという考え方。単にWebの流行りゴトの解説ではなく、情報の価値観やその歴史的変遷にまで言及に及んでいる。いろんな事例や比喩の引き合いに出す内容の説明は、懇切丁寧過ぎて、横道にそれた話の主題がなかなか本線に戻らないが、これもまた面白いということにしよう。よって新書にしては厚いし活字の小さめで濃厚。

  • キュレーションジャーナリストは理想に近い姿か。
    ビッグデータの観点までは踏み込んでいない。2010年の著書だから当然かもだが。

  • 数ある情報や立ち寄りスポットの中から、参加してくれた人たちに何を選んでどう紹介するのか。そこが無数に変化することが奥トレのおもしろさかなと思ったりもしますが、この本はそんなキュレーションの必要性をわかりやすく書いてくれていると感じました。「なんでもいい」と思って紹介するのは逆にそういう自分を紹介することになってしまう。どういう視点を持ち込むか、引き出しがどのくらいあるか、その辺のレベルはあげていきたいなと思います。

  • ようやく読了。

    1.大量生産消費により機能は安価で手に入り、その先に求めるつながりや共感を充足するには、視座の提供、コンテキストの付与であるキュレーションは重要となる

    2.記号消費的なマスメディアから視座を提供するキュレーションからうまれるミドルメディアへ

    3.キュレーションだけをやるべきなのか、コンテンツをつくるだけでよいのか、という議論ではなく、両方やるべきだし、誰がやるかは分担の問題である。(ex.村上隆)


    いま流行りのキュレーションメディアが今後経営的にうまくいくのかどうかは、マスメディアのサブメディアにならないような絶妙な「ゆらぎ」を続けなければならないだろう。でなければ、中途半端なプラットフォームかマスメディア的なコンテンツ提供になってしまう。

  • 刊行されたタイミングで読んだ方がぐっと来たのかも知れないけれど、この〝キュレーション〟とやらが必要なのは今も変わらないだろう。取り上げる力というか、センスを磨けと言ってるんだろうけど、簡単なことじゃないのよね。

  • 【資料ID】146787
    【分類】007.3/Sa75
    総記のコーナーに並んでいます。貸出を希望の際は、学生証と資料をメディアライブラリーカウンターまでお持ちください。

  • [ 内容 ]
    テレビ、新聞、出版、広告―。
    マスコミが亡び、情報の常識は決定的に変わった。
    ツイッター、フェイスブック、フォースクエアなど、人と人の「つながり」を介して情報をやりとりする時代が来たのだ。
    そこには人を軸にした、新しい情報圏が生まれている。
    いまやだれもが自ら情報を選んで、意味づけし、みんなと共有する「一億総キュレーション」の時代なのである。
    シェア、ソーシャル、チェックインなどの新現象を読み解きながら、大変化の本質をえぐる、渾身の情報社会論。

    [ 目次 ]
    プロローグ ジョゼフ・ヨアキムの物語
    第1章 無数のビオトープが生まれている
    第2章 背伸び記号消費の終焉
    第3章 「視座にチェックインする」という新たなパラダイム
    第4章 キュレーションの時代
    第5章 私たちはグローバルな世界とつながっていく

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 世界の情報を流通させる巨大なソーシャルメディアプラットフォーム。
    その上に形成されていく無数の情報ビオトープ。
    それらのビオトープに接続詞、視座を提供するキュレーター。
    そのキュレーターのフォローワー。

    新しい情報流通の仕組みはこれからの世界をどのように変えていくのだろうか。

  • つながりがどう情報に影響を及ぼすか?

    →エンゲージメントに必要なのは、コンテキストが共有される、つまり消費者が一定の積極性をもってそこに参加するような場を作っていくことが大切
    商品の機能や情報収集にも人と人のつながりが重要
    一次情報を発信することよりも、その意味や可能性、あなただけにとっての価値などコンテキストを付与できる存在が重要性を増してきている
    情報のフィルタリングするキュレーションの価値が高まっている

  • キュレーション
    ビオトープ

  • 大いに参考になった。時間をおいて読み直すべきだろう

  • 二章は非常に興味深い内容であった。
    しかし、それ以降は個々の事例は興味深いものの分析に納得できる箇所が少なかった。
    特に最後のプラットフォームの箇所が納得いかない。
    モンゴル帝国を例にして、グローバル化が多様性を担保するということを言っているが、モンゴル帝国が他の帝国と比べて寛容さを持っていたという根拠が本文には乏しく、また、プラットフォームの定義も定義というには解釈の幅が広すぎる。
    本書を一言で言うと紹介されている個々の事例は興味深いが分析に深みが足りないとなる。

  • レビューで批判的な記事が多いけど…私はとても読みやすくて、これからの世界を生き抜くヒントが多い本に感じたけどなー。たぶん批判的な人は私なんかより世の中に精通していてスピード感がある方なんだろう。頭の中が田舎時間の私には刺激的でワクワクした!

  • ただ「いいもの」が存在するだけではその価値を広く知ってもらうことはできない。大切なのは、いいものとそれを必要とする人との間をつなぐ動線やコンテクスト。一律の文化の圏域が細分化された文化の圏域へと変化する中では、常にセマンティックボーダーを更新し続けること、エンゲージメントを育むことが、この時代を生き抜くカギなのかも。
    映画、音楽、絵画作品を例にしているから、内容にとっつきやすくて読みやすかった。

  •  自分自身もリアルタイムで経験してきた時代の変化を、ここまで見事に分析している人がいるということに、まず驚きました。

     同じことを経験しても、見える世界が、人によってここまで違うということです。第二章の「なぜ映画バブルは崩壊したのか」「DVDバブルは来なかった」「九十年代は音楽もバブルだった」このあたりは、読みながらうなってしまいました。

     筆者のことを、私は勝手にIT系の人と思い込んでいましたが、IT以外の内容も、書かれていることが深いです。「ジスモンチ」「ヘンリー・ダーガー」などなど、音楽や絵画や実に幅広い分野に、もちろん、参考文献の存在はあるにしても、深い洞察が光ります。

     久しぶりに本当にいい本を読んだなあ。この時代に、自分はどうやって情報を活用していけるのか、少し見直してみないといけませんね。

  • この本を読んで、キュレーションとはなんなのか、これからキュレーションの時代だよということが分かりました。
    本著では、様々な文献から情報が引っ張ってこられていて、キュレーションのこと以外にも知識を得ることができると思う。

    自分なりに要約すると、

    ・情報はターゲットを狙って情報発信する。
    ・音楽や商品は、作り手と受け手が相互理解して共感することが大切になってくる。
    ・昔と違ってインターネットの出現で情報が溢れかえってるから、それを拾い上げるキュレーターが欠かせないよー

  • インターネットなど情報環境が整ったことで、従来のコンテンツ中心のマスモデルの時代から、情報を求める人が存在している場所を発見し、情報を共有するキュレーションの時代が始まりつつあることを論じています。

    ジョゼフ・ヨアキムらのアウトサイダー・アーティストを発見したジョン・ホップグッドや、ブラジル生まれのエグベルト・ジスモンチというミュージシャンを日本に招聘した女性プロモーターの例などをあげながら、キュレーションがつなぐ新しい社会の魅力が語られます。ライフログ広告につきまとうプライバシーの問題に対する取り組みや、趣味の細分化・タコツボ化を招くという批判に対する反論なども説得的です。

    情報社会論としては少し散漫な印象もありますが、取り上げられている具体例がおもしろくて、興味深く読みました。

全584件中 1 - 25件を表示

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)の作品紹介

キュレーション【curation】とは、無数の情報の海の中から、自分の価値観や世界観に基づいて情報を拾い上げ、そこに新たな意味を与え、そして多くの人と共有すること。― 本文より

ブクログのパブーで電子書籍版を発売中。

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)はこんな本です

ツイートする