20代からのファイナンス入門: お金がお金を生む仕組み (ちくま新書)

  • 173人登録
  • 3.26評価
    • (3)
    • (15)
    • (21)
    • (7)
    • (1)
  • 22レビュー
著者 : 永野良佑
  • 筑摩書房 (2011年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480066374

20代からのファイナンス入門: お金がお金を生む仕組み (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 分かりやすく金融知識の基礎が書かれてる一冊。入門書として最適。

  • 一度読んだら忘れない、納得感のある説明を、というコンセプトがすばらしい。
    金利、為替、債券、株式の仕組みを、基本は需要と供給の関係で説明。
    厳密さや正確さはないかもそれないけれど、本質の理解ができるらしい。
    池上彰さんの解説の仕方に近いかも。

  •  市場の原理の基礎の基礎を繰り返し、とにかくシンプルな形で分かりやすく解説し、その応用編として金利、債権、外国為替、株式について、その基本原理を紹介したもの。リスクとリターンの話も載っており、金融を知るため、あるいは資産運用にも役立つ話が盛り込まれている。高校の政治・経済の授業の入門編のような感じ。
     金融とかまったく分からず、銀行の役割、というのもよく分からないおれでも、大枠は掴める難易度となっている。というのも、著者の「信念」というのが、「重要なことというのは実は単純なものであり、真理というのはシンプルさのなかにこそ見られる」(p.198)というもので、いかにも自然科学的な、理系のスタイルだなあ(そもそもスタイルを設定すること自体が無意味なのかもしれないが)、と思った。とにかく需要と供給の関係で、どこまでも説明していく感じで、しかもものすごく丁寧に繰り返し解説してくれるので、エッセンスは分かりやすかった。暗記ではなく、その理屈を、すべての事象にはその理屈がある、そこを理解すれば簡単、という著者の姿勢も、理系的だ。特に「変動金利と固定金利は結局同じ(だろう)」とか、「利回りが高い債券は危ない」とか、「債権の価格が下落するということは利回りが上昇する」とか、その背後にある原理は分かりやすく解説されている。「同じモノの値段は二国間で同じになる」(p.112)という「購買力平価」という考え方が経済学にはあるらしいが、直観的にはそうは思えなかった。日本で3色ペンを安く買って、それをエジプトに持っていったらエジプトの人はものすごく喜んで何でもしてくれる、なんて話を聞いたことがあるが、3色ペンの価値は文化や経済の差がある限り、絶対的なものにはならない気がする。それともこの考え方は理論を作るための作業仮説のようなものなんだろうか。ところで、「日本人の個人投資家を総称して『ミセス・ワタナベ』」(p.113)と呼ばれている、なんて不思議だ。ハイリスク・ハイリターンの最後の章の話は、要するに「金を儲けるウマい話はない」、「高いリスクを冒さないと高いリターンはない」、というところから導き出せる結論は、「おカネ持ちでないとおカネを大きく殖やすことができない」(p.183)ということだった。これは資本主義経済の宿命なのだろうか。
     「20代からの」というのが本書のタイトルだが、政治・経済を勉強する10代の高校生や場合によっては中学生でも、あるいは住宅ローンや資金運用を考え始める30代でも、読めば役に立つ本であると思う。(15/08/30)

  • 非常に平易な文章で読みやすかった。金利等の言葉が耳慣れない人向き。最近金融周りを勉強し始めている身としては既知の事柄も多かった。

    様々な金融商品の価格決定メカニズムは需要と供給によって決まるという視点でわかりやすく解説。

  • 個別の債券にとっての金利=利回り
     債券の価格上昇=債券の利回り低下(買い手・貸し手が多い)
     債券を買う=債券発行者にお金を貸す

    世の中でお金を借りる人が減る→銀行にお金余る
    →銀行間でお金借りる銀行減る→金利低下

    金利が上昇→債券価格下落→債券の利回り上昇l
    格付けが高い≒信用度が高い=倒産リスクが低い→利回り低い

    同じものの値段は二国間で同じになるという考え方=「購買力平価」

    …など、わかりやすく解説されている。

  • タイトル読みした。中身は、だいたい知っていることだったので完全に流し読み。基礎中の基礎について書かれている。

  • 金融の仕組みについて、丁寧に説明してあります。
    金融用語の勉強にもなりました。

    うまい話はないということを肝に銘じたいと思います。

  • お金の勉強をしたくて読了!
    今までなんとなくとか、まったく分からなかった金融商品についての勉強ができます。
    債権、株、外国為替、金利、TOPIXなど、普段ニュースで聞くけど分からないような単語が分かりやすく書かれています。文系学部、数字はほとんど使わない自分でも「なるほど」と思えたので、金融とかについて勉強したい、基礎を知りたい!という人にはオススメです。
    より理解するには1回よりも2回は読んだ方がいいかもなと思った。

    要点ポン!
    ・金融は需要と供給
    ・金利=お金のレンタル料
    ・ハイリスク、ハイリターン
    ・お金もちほどお金を増やしやすい
    ・未来は過去を繰り返すとは限らない

  • 20代からの、ってだけあって、初歩的な内容に終始してて、基本的な理解を助けるって意味では、間違いのない出来だと思う。基礎のおさらいが出来ました。

  • 最初はよくわからなかったが、自分で図を書きながら読み進めるとわかりやすい内容だった。
    著者のほかの著書も読もうと思う。

全22件中 1 - 10件を表示

永野良佑の作品

20代からのファイナンス入門: お金がお金を生む仕組み (ちくま新書)を本棚に登録しているひと

20代からのファイナンス入門: お金がお金を生む仕組み (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

20代からのファイナンス入門: お金がお金を生む仕組み (ちくま新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

20代からのファイナンス入門: お金がお金を生む仕組み (ちくま新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

20代からのファイナンス入門: お金がお金を生む仕組み (ちくま新書)の作品紹介

お金を扱う技術-ファイナンス。たくさんの要素がからみあい、複雑な数式で記述されることが多いこの世界は、一見、非常に難解だ。しかし、「需要と供給」「金利のメカニズム」「ハイ・リスク、ハイ・リターン」などの基礎の考え方や「債券」「株式」などの本質を押さえておけば、すっきりと理解できるのだ。必要なことはすべて腑に落ちて、身につく。決定的入門書。

20代からのファイナンス入門: お金がお金を生む仕組み (ちくま新書)はこんな本です

ツイートする