政治主導―官僚制を問いなおす (ちくま新書)

  • 56人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (8)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 新藤宗幸
  • 筑摩書房 (2012年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480066510

政治主導―官僚制を問いなおす (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    「官僚主導から政治主導へ」の掛け声のもと政権を奪取した民主党。
    けれど、喝采が失望に変わるのは早かった。
    支持率だけが頼りの理念先行で実力不足。
    その結果、経済回復はまったく見込めず、加えて内輪モメを繰り返し、東日本大震災と原発事故への対応もちぐはぐ。
    もはや民主党政権は機能麻痺に陥っている。
    では、真の政治主導とはどのようなものなのか。
    それはどうすれば実現できるか。
    政策決定のプロセスから人事システムまで、行政学の権威が整理・総点検。市民のための官僚制を問いなおす。

    [ 目次 ]
    序章 問われ続ける政官関係(喝采から失望への転落;思いつき政治の罪;東日本大震災と政治主導の機能麻痺;どのような政治主導が望まれるのか;政治の行政化;本書の構成)
    第1章 政治主導への挑戦と実態(首相指導の腐心;中曾根政権の装置と手続き;橋本行革と政治主導の装置;小泉純一郎政権による政治主導)
    第2章 官僚制の作動メカニズム(組織管理が生み出すバイアス;政権より個別利益に向くメカニズム;官僚制と外部の専門人)
    第3章 政権交代と公務員制度改革(「政治主導」と裏腹の公務員制度改革;公務員制度の何が問題なのか;現代公務員制の原則を無視した公務員制度改革)
    終章 政治主導の構築に向けて(言葉だけが踊る支持率頼みの政治;国家戦略室と行政刷新会議;自民党政権時代に逆行する与党政策決定システム;省庁編制の枠を脱した与党政調会長;政権と国家戦略会議構想の迷走;「政治主導」制度設計の要点―トップが誰か;「政治主導」制度設計の要点―政官連携と権限・責任の明確化;政治主導の確率に向けて)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 読了。

  • 行政学の視点から政官関係を問い直す。
    日本の政治において、終章の執政制度がそもそも弱体であった。
    橋本・小渕政権下での行政改革では首相の権限・官房機能の強化が目指された。

    戦後政治の総決算とされた中曽根政権も行政改革にはほとんど着手していなかった。

    ←首相には各大臣の罷免・任命権を持っているのも、実際には行使することが難しい。

    橋本政権→政治主導を施工したと言うよりも首相機能の強化を目指したものと考えられる。

    「内閣の制度的弱さは歴史や憲法体制を超えて続いている」

  • 2012年発行。政治主導への取り組みが中曾根、橋本、小泉政権下においてどのように行われたのか、官僚制の作動メカニズム、公務員制度の問題点、政治主導へ向けて政治、官僚機構の双方における改善点など。

  • 【読書その44】政権交代のキーワード「政治主導」。
    それは、つい最近、政権交代前後から始まったものではない。
    本書では、歴史的経緯として中曽根政権、橋本行革による政治主導の装置を整備し、小泉政権下でその装置を活用して運用したことを説明した上で、政権交代と公務員制度改革の状況を確認し、今後の政治主導の構築に向けた分析・提言を行っている。
    今、振り返ってみると、橋本行革の大きさを感じる。そこでは、首相指導体制のための内閣法改正、内閣官房の拡充、内閣府の設置、副大臣・政務官制度の導入等が行われており、政治主導の観点から評価できるものである。

  • 各省における政治主導を確立するために、事務次官職を廃止し日本型キャリアシステムを改革し、副大臣・大臣政務官の増員によって「政権チーム」を強化する必要がある。局長職を廃止し、副大臣補とするべき。

全6件中 1 - 6件を表示

新藤宗幸の作品

政治主導―官僚制を問いなおす (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

政治主導―官僚制を問いなおす (ちくま新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

政治主導―官僚制を問いなおす (ちくま新書)の作品紹介

「官僚主導から政治主導へ」の掛け声のもと政権を奪取した民主党。けれど、喝采が失望に変わるのは早かった。支持率だけが頼りの理念先行で実力不足。その結果、経済回復はまったく見込めず、加えて内輪モメを繰り返し、東日本大震災と原発事故への対応もちぐはぐ。もはや民主党政権は機能麻痺に陥っている。では、真の政治主導とはどのようなものなのか。それはどうすれば実現できるか。政策決定のプロセスから人事システムまで、行政学の権威が整理・総点検。市民のための官僚制を問いなおす。

政治主導―官僚制を問いなおす (ちくま新書)はこんな本です

ツイートする