暴走する地方自治 (ちくま新書)

  • 232人登録
  • 2.95評価
    • (3)
    • (16)
    • (40)
    • (14)
    • (6)
  • 41レビュー
著者 : 田村秀
  • 筑摩書房 (2012年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480066640

暴走する地方自治 (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 改革派首長と言われるような知事や市長の暴走ぶりをまとめつつ、国政の批判、欧米の地方行政体制の解説など論点が多岐に渡る構成に、その結論がよくわからなかった・・・

  • 大阪市の橋下徹市長、名古屋市の河村たかし市長など、"改革派"と呼ばれる首長による功罪入り乱れる地方自治を扱った本。

    議院内閣制の国と大統領制の地方、変革がどちらから始まるかといえば、トップダウンで新しいことを導入しやすい地方であろう。その辺りの制度上の差異や戦後からの改革派首長の系譜など、解説的な部分は非常に参考になった。

    一方で橋本大二郎高知県知事や田中康夫長野県知事、東国原英夫宮崎県知事など、個別の政治家に対する著者の評価は蛇足な面が否めない。

    変革に伴う失敗事例を揚げ足とりのように取り上げ、市町村合併や道州制といった話題には一家言ある論調なのは、旧自治省出身の学者である著者のポジショントークであろう。

  • 地方自治について基本的なお勉強。外国のしくみなども紹介されており、とても勉強になりました。とくに新潟とイギリスはよかったです。ただ、大阪や名古屋のあたりでは「できない理由」が「なじみ」みたいな感覚的な理由に頼るところもあり、「できない理由」が先に出るあたり、官僚的だなあ、とも思いました。二重行政についても、「二つの図書館や球場は役割を分ければよい」とシンプルに答えていますが、神戸市に住んでいると、そんなにシンプルに流していいの?と思います。さてさて。

  • 本書の主張は「不易流行」なんだろう。それにしても通読して論が一定していない感があった。暴走しているのは首長なのだが、同時代を生きる著者や我々がすべての革新派首長を「暴走」と評価してよいか疑問が残る。例えば脱ダム宣言(長野県)に対し私は一定の評価をしている。阿久根市は当初の報道から暴走だと感じたがw 根底に流れるのはThink globaly,Act locallyかも。

  • (^▽^)/

  • [ 内容 ]
    「地方から国を変えよう!」のかけ声のもと怪気炎を上げる知事や市長、地域政党。
    彼らは行政の無駄を廃した地元の発展、自立した地域同士の連携によって国と対峙することを目指している…ように見える。
    だがその主張は矛盾だらけ。
    幻想の地域主権と言わざるをえない。
    この熱狂の行き着く先には何が待っているか。
    “改革派”首長が掲げた政策と彼らの政治行動、さらに結果を分析しながら、あらためて地方自治の根幹を問いなおす。

    [ 目次 ]
    序章 暴走する首長たち
    第1章 大阪都、中京都、新潟州―相次ぐ大都市再編構想
    第2章 「改革派」たちが遺したもの
    第3章 地域主権の落とし穴
    第4章 欧米は本当に分権国家なのか
    第5章 混迷する国政のあだ花か
    終章 地方自治はどこへ行く

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 読了。

  • ○元公務員で、地方自治などを専門とする大学教授の田村氏の著作。
    ○いわゆる”改革派知事”たちの功罪(特に罪)について、彼らの目指したものと実現できたものとを客観的に分析し、その意味合いや傾向を明らかにしたもの。また、今後のあるべき「地方分権」の議論について、過去の制度の歴史を振り返りながら、そもそもの地方自治の意義について論じたもの。
    ○過去の歴史的な議論が多く、普通に行政についての勉強になる。
    ○改革派知事に対する分析は、やや批判的な立場から行われている感は否めないが、もっともなことが多かった。
    ○国=悪、地方=善という二元論が国民の総意のような報道等がなされているが、その実態について、もっと知りたいと思った。

  • 大阪、愛知、東京の事例を引いて行き過ぎた自治体の行動を暴走と危惧している。

  •  地方よりも、国政の方が、よほど暴走してるようなあ。

全41件中 1 - 10件を表示

田村秀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

暴走する地方自治 (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

暴走する地方自治 (ちくま新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

暴走する地方自治 (ちくま新書)の作品紹介

「地方から国を変えよう!」のかけ声のもと怪気炎を上げる知事や市長、地域政党。彼らは行政の無駄を廃した地元の発展、自立した地域同士の連携によって国と対峙することを目指している…ように見える。だがその主張は矛盾だらけ。幻想の地域主権と言わざるをえない。この熱狂の行き着く先には何が待っているか。"改革派"首長が掲げた政策と彼らの政治行動、さらに結果を分析しながら、あらためて地方自治の根幹を問いなおす。

ツイートする