科学哲学講義 (ちくま新書)

  • 169人登録
  • 3.35評価
    • (3)
    • (10)
    • (21)
    • (3)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 森田邦久
  • 筑摩書房 (2012年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480066701

科学哲学講義 (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本屋で見かけて衝動買い。「分析哲学講義」といい、新書は哲学ブームなのでしょうか。科学哲学における幅広いテーマについて解説していき、最後に筆者の考える科学と疑似科学の線引き基準を解説しています。
    これまで知っていた基準と違うので参考となりました。

  • 野家氏による科学哲学入門書『科学哲学への招待』と比べるのはやや酷かもしれないが、凡庸という印象。トピックはある程度網羅されているし説明もわかりやすいのだが、上位互換の入門書があることだし…という感じ。新書なので安いのが利点。

  • 科学的根拠とか科学的説明といったとき、それは客観的に正しい主張であるという意味が含まれていると思います。
    物理を学んでいるうちに、物理学は「タダシイ」と思われているらしいけど、正しいってなんだ?と思いこの本を取りました。

    僕らはある主張についてそれは科学的か非科学的か日々なんとなく判断しているわけなので、科学的な主張にはなんらかの構造、型があってそれを知っているはずです。するとそれらを具体的に知りたくなるわけです。

    そういう期待で読んで、扱っている内容自体はこの期待に沿って書かれていました。

    内容ですが、
    法則性、因果性、道具主義、量子力学の解釈、パラダイム論等、多岐にわたって「ざっくり」書かれてあります。これだけたくさんの見解を一冊にまとめているわけですのでそれぞれの話題で説明に不満が残るのは当然でしょう。科学哲学の様々な見解を知るためには良い本です。

    ある命題について、それが科学的である根拠と同時に科学的とはいえない根拠を提示し、結論としてどちらともいわずに終わる。という感じで繰り返して進んでいきます。読んでいていもやもや感が残る本ですね。

    一番興味をそそったのは、エントロピーを切り口に僕達が未来についての記憶を持っていないことを説明を試みているところでした。

  • [ 内容 ]
    「日はまた昇らない」―そんなはずはないと思われるでしょう。
    我々は毎朝「日は昇る」という知識を得て、日が昇ることを正当化しているからです。
    でもそんな推論がうまくいかないことを教えてくれるのが科学哲学。
    我々の見ている世界のあり方をがらりと変えてしまう科学哲学は、科学哲学者と科学者だけのものではないのです。
    科学的知識の確実性が問われているいま、科学の正しさを支えているものとは何か、真の科学的思考とは何かを根底から問い直す、哲学入門講義の決定版。

    [ 目次 ]
    第1章 日はまた昇らない?―自然法則の必然性について
    第2章 原因なんてない?―因果の実在について
    第3章 原子なんてない?―見えない世界の実在について
    第4章 科学は正しくない?―科学とそうでないものの線引きについて
    第5章 科学で白黒はつかない?―科学の合理性について
    第6章 科学ってなに?

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 読了。

  • 科学哲学入門ということだけど,ちょっと平凡すぎて退屈かも。初めて読むなら戸田山和久『科学哲学の冒険』,もっとじっくりなら内井惣七『科学哲学入門』,擬似科学との線引問題に興味があれば伊勢田哲治『疑似科学と科学の哲学』がおすすめ。
    ただ,実在論vs非実在論のとことか,科学哲学って科学の側から見るとだいぶ周回遅れみたいなところがあって,このへんは好き嫌いが別れそう。何が科学で何が非科学か,という線引問題は素朴に面白いけれど,本書では分量の都合であまり深く論じられていないのが残念。

  • 科学哲学の視点から、科学を突き詰めることの難しさを解説しており、基本的には、オーソドックスな新書なので三ツ星をつけたいんですが、細かい点でちょくちょくあらが見えました。

  • 科学的とは何か、を改めて考える良い機会になった。5章「研究プログラムの選択基準は発展性」と6章「科学と疑似科学の対比」が特に面白かった。ただ、構成に嫌らしいところがある。というのは前の方で述べた事柄について「あれは実は前提がおかしくて...」のように混ぜ返すことが度々あったので。理解を促進するための具体例も、簡単にしすぎたのか曖昧なのか、いまいちピンと来ないものが多かった(物理学の歴史に関する例は除く)。

  • 中身はともあれ,語り口でもっとわかりやすくなる気もする.
    ただ,入門としてはいい本だと思う.
    ここで出てくる哲学を更に深めていければ,科学に対する考えが深まるんじゃないかな.

全15件中 1 - 10件を表示

森田邦久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
國分 功一郎
ウィトゲンシュタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

科学哲学講義 (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

科学哲学講義 (ちくま新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

科学哲学講義 (ちくま新書)の作品紹介

科学的知識の確実性が問われている今こそ、科学の正しさを支えるものは何かを、根源から問い直さねばならない! 気鋭の若手研究者による科学哲学入門書の決定版。

科学哲学講義 (ちくま新書)はこんな本です

科学哲学講義 (ちくま新書)のKindle版

ツイートする