大坂の非人: 乞食・四天王寺・転びキリシタン (ちくま新書)

  • 47人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 塚田孝
  • 筑摩書房 (2013年10月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480067326

大坂の非人: 乞食・四天王寺・転びキリシタン (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江戸時代の大阪に非人に関して詳細に述べられた好著。初めて四天王寺を訪れたときに感じた場の雰囲気との連なりを考えながら読んでいた。あと天王寺楽所に興味あり。

  • 大坂の非人の支配構造は、江戸とはだいぶ違うみたい。弾左衛門云々ね。あと、転びキリシタンの子孫が、大坂の非人の支配を請負ってる。史料引用以外については、さほど専門書と変わらない書きかたなので、理解するだけで精一杯。

  • 難しくてよくわからない。
    でも歴史というと大名や天皇ばかりにフォーカスがあたるが、個人や無名の人たちにも歴史があることをフォーカスに充てるのは重要なこと。

全3件中 1 - 3件を表示

塚田孝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

大坂の非人: 乞食・四天王寺・転びキリシタン (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大坂の非人: 乞食・四天王寺・転びキリシタン (ちくま新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

大坂の非人: 乞食・四天王寺・転びキリシタン (ちくま新書)はこんな本です

ツイートする