現代のピアニスト30: アリアと変奏 (ちくま新書)

  • 47人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 青澤隆明
  • 筑摩書房 (2013年10月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480067395

現代のピアニスト30: アリアと変奏 (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とても参考になります。

  • 副題はバッハのゴールドベルク変奏曲から。この本そのものがゴールドベルクを意識した本。まずグレン・グールドに始まり、最後もグールド。その30曲の変奏に30名のピアニストを準え、全体が一つの変奏曲!アシュケナージ、ポリーニ、アルゲリッチ、リグットなど60年代にデビューしたピアニストの紹介から始まる。文章が美しく、表現力が多彩なことに驚く!それぞれのピアニストたちが生き生きと魅力的!いくつか紹介すると。
    ポリーニ「過去への追憶ではなく、未来への夢がある。それはかつては希望という名でかたられた進歩の思想だ。・・・冷静な知性のコントロールが徹底されているからこそ、強い感情がより鍛えられたかたちで籠められる。そして細部まで均整をもって覚醒し、研ぎ澄まされたなかに演奏者や聴衆の自我を超えた結晶を高らかに歌い」清水和音「音楽を生きる中では永遠の青春はきっと可能な夢だ。再現可能な形式観と獰猛に溢れ出す情熱や情念、自由な想像力との輝かしい連帯である。そこには永遠も一瞬もあり、全ては過ぎていく。音楽が記憶の芸術であるのは生来の必然である。」この著者とピアニストとの語らいの中で出てきた珠玉のような言葉である。

  • ピアニストの音楽に向かう姿勢を紹介する1冊。
    30人のピアニストを演奏や、CDのレパートリー、インタビューなどから紹介している。30人を同じパターンで紹介するのも芸が無いと判断したのかなぁ。インタビューは全員の分が収録されているわけではない。そこはちょっと残念。
    ペライア(モーツァルトのコンチェルトが好きだな)の「楽器を演奏するのは難しい。膨大な時間を費やし、練習して練習して練習して、そして音楽は失われる。だからこそ音楽への愛が必要なのです」は忘れられない。

  • 音楽という形のないものに、これだけの言葉を捧げられる力量に圧巻。しかも、けして独りよがりの文章ではなく、人・音楽のエッセンスをみきわめ、それを確からしく伝えられている。

    言葉のひとつひとつが誠心誠意つづられていることは、ちゃんと読めばわかる。そしてそのひとつひとつを味わうことができたのは幸せである。

全4件中 1 - 4件を表示

現代のピアニスト30: アリアと変奏 (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

現代のピアニスト30: アリアと変奏 (ちくま新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

現代のピアニスト30: アリアと変奏 (ちくま新書)はこんな本です

ツイートする