つながる図書館: コミュニティの核をめざす試み (ちくま新書)

  • 887人登録
  • 3.92評価
    • (52)
    • (84)
    • (50)
    • (7)
    • (1)
  • 104レビュー
著者 : 猪谷千香
  • 筑摩書房 (2014年1月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480067562

つながる図書館: コミュニティの核をめざす試み (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  確か“Gunosy”経由で『走れ!移動図書館』とあわせて知り、新年早々になんとも印象深く残った一冊となりました。現在の私自身の興味がこの辺りを漂っていると言うのもあるでしょうが、あらためて“Gunosy”の便利さを実感しています。

     “図書館は私の書斎だ”、そんな風に言い切る著者・猪谷さん、その方が、ただの“無料貸本屋”ではなく、あくまで「利用者に寄り添う“情報サービス”機関」として変化をし始めている図書館たちについて取り上げた内容となっています。

     確かに“本”は古くから慣れ親しんできた情報資源(メディア)の一つですが、それが全てではなく、最近では、新興のデジタルメディアもその収集対象となりつつあります。

     “『知識は万人のものである』ということ。”

     その根底にあるのは、「図書館の社会的使命は様々な“情報資源”を収拾し、必要とする利用者に情報を提供すること」との点でしょう。

     それらを語るための題材として取り上げられているのは、「武蔵野プレイス」「千代田図書館」「小布施町まちとしょテラソ」「鳥取県立図書館」「武雄市図書館」「伊万里市民図書館」「国立国会図書館」「飯能市立図書館」、そして「島根県海士町の図書館」など、全国から多種多様に。

     “利用者目線からいえば、図書館にカフェや書店があり、
      夜まで開館していることは無条件にうれしい。”

     中でも武雄市はTSUTAYAとコラボしたことで、賛否両論入り混じりながら話題になっていたのでご存知の方も多いかと思います。もちろん、個人情報の取り扱いや公共性の担保、商業施設との棲み分けなど、懸念点も多く指摘され、実際に問題にもなっています。

     それでも、まずはやってみないと分からないだろうと言うのが、個人的は思います。

     “この十年で全国に広がりつつある
      図書館による地域の課題解決のためのビジネス支援”

     なお、武雄市図書館の集客力は飛躍的に高まり、宿泊客や車での観光客などのシャワー効果で地域経済にも影響を与えているとのこと(試算で年間3-4億)。地元だけではなく、市外・県外からも多くの方が来られていて、これは非常に興味深い現象です。

     ただ、武雄市のこの成功は指定管理者制度の“功”の部分でしょうが、同時に、表に出てこない“罪”の部分、特に雇用が不安定であるがゆえにサービスの継続提供が不安定にならざる得ないとの辺りについても、把握しておきたいところ。

     “(図書館の新しい価値は)いろいろな人が訪れ、いろいろな情報が揃っています。
      新しい情報と人がクロスし、出会える。”

     人が情報を求めるのは、やや大上段に言えば「一人一人が、自分に自信と誇りを持って生きていくため」と思います。そのための“情報のハブ(本書ではコミュニティの核と表現されています)”となる施設が、図書館に代表される“生涯学習施設”であろうと、そんな風に感じた一冊です。

  • 図書館職員なのに,今やっとこの本を読んだ。面白いのは,ソーシャル・デザインの授業で知った様々なまちづくりプロジェクトを起こしている地域と,ここで紹介されている図書館との地域がかぶること。まちづくりそのものが図書館を中心にされている事例も多く,実はあまり公共図書館を使ってこなかった私には,ある意味新鮮だった。図書館にはそんなにも力があるのだろうか・・・と。
    一つ,面白いなと思ったのが,「課題解決型図書館」がクローズアップされた背景には,貸出が自動化されるなどの状況の変化から,「司書不要」のような流れがあり,それを止めるため,司書でないとできない仕事を作る必要があった,というくだり。これ,大学図書館にラーニング・コモンズをつくろう,って言われ始めたときときわめて状況が似てるなあと思った。考え方が,やっぱり,「図書館ありき」であって,人々が豊かな社会を創るときに何が必要かって考えられたってわけじゃないんだなあ,と。今でこそ,ラーニング・コモンズの必要性はわかってきて,ハコモノさえ作ればいいんじゃないってことも浸透してきてるけど,じゃあ,どうすれば,っていうのが必ずしも利用者の視点にたってない感じはする。現場で働く司書は,その意義は十分わかってる人が多いはずだけど,上部機関がそのあたり理解してなかったり,だからハコモノになってしまったり。
    ここで紹介されてる素敵な図書館たちが,特に珍しくもなくあちこちに存在するようになったら,もっと暮らしやすい,心豊かな社会になるんだろうなあ,という気がします。

  • 2014 1/18読了。京都駅のふたば書房で購入。
    巷で話題の図書館関連新書。
    海土町のお話以外はさすがに業界内ではみんな知っている話、ではあるんだけれど、それら要点をこの分量にまとめているのは有り難い。
    学生に「最近、公共図書館業界で話題になっていることとか争点とか知りたかったらとりあえずこれ読んどけ」って紹介したいレベル。ていうかしよう。

  • 地元の図書館の裏側を知りたくなった。代官山TSUTAYAに初めて行ったときの感動は忘れられない。なぜか、図書館、本、コミュニティ、町づくり、って聞くとワクワクしちゃうんだよね。やっぱ、ひとが人をよぶんだよね。地域や土地柄も大事だけど、どんな人のために、誰を動かしたいのか、誰が集まるのか。1番はここだと思う。

  • なんでかわからないけれど読んでいて何回か涙が出た。
    やればできるという達成感よりも、未来を担う子供たちのためとか、町作りとか、図書館と人あるいは人と人のつながりが見えたからかしら。
    海士町の話はとくにそうだった。

    本書は冒頭からわくわくするような図書館がいろいろ出てくる。司書さんだけでなく図書館に関わる人はこんなにも熱いのかと思う。はたから見ているととても静かなので気づかないのだろう。

    伊万里市と武雄市の図書館の章は、とくに武雄市について賛否両論を載せ、しかし筆者はそこに踏み込まず、別の希望を載せているところがよかった。

    県立と市立それぞれの存在意義や、無料貸本屋からの脱却のところも読んでいて面白かった。

    図書館も他を真似していては没落するし、住民はどういう図書館がほしいかを考えていかないとうまくいかない、という厳しい宿題に頭を悩ませる。

  • 公平でわかりやすい。現在時点での図書館の課題と可能性がこの一冊で概観できる。良書!

  • 図書館が変わりつつあることは理解していたが、これほど多種多様な状況になっているとは。
    自分としては、図書館派ではなく、購入派なのだけれど、図書館と本屋が併設しているところまであるとは...
    わが町の図書館を振り返って見ると...やめておこう。
    でも、確かに魅力ある図書館はまちの活性化に大きく影響してくるということは確かなことのようだ。
    刺激を受けた。お勧めしたい本だと思う。

  • 公共図書館の在り方が利用者に寄り添うように着実に変化してきている。本書で取り上げられた図書館は、サービスの充実ぶりにメディアで話題になったところばかり。司書の専門性を活かしつつ、利用者にどんなサービスを提供できるのかー深く考えさせられる1冊でした。

  • 元新聞記者が、最近の図書館に起こっているトレンドを書き出したもの。凄く読みやすい仕上がりになっている。ここに書かれている図書館や人を実際に知っていれば知っているほど、違った人の立場から見た視点が面白い。

  • どんどん変化進化してゆく図書館を注目し続けたい

全104件中 1 - 10件を表示

猪谷千香の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
本屋図鑑編集部
朝井 リョウ
米澤 穂信
いとう せいこう
有効な右矢印 無効な右矢印

つながる図書館: コミュニティの核をめざす試み (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

つながる図書館: コミュニティの核をめざす試み (ちくま新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

つながる図書館: コミュニティの核をめざす試み (ちくま新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする