日本語の近代: はずされた漢語 (ちくま新書)

  • 27人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 今野真二
  • 筑摩書房 (2014年3月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480067678

日本語の近代: はずされた漢語 (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マニアックな日本語新書を!と選んだ一冊。

    日本語の近代における変化を「漢字と漢語」と「教育」という観点から分析する。
    明治期の人とわれわれとでは、どれほど語彙が重ならないのだろうか。
    発音も地方ごとにどんなにか違っていただろう。

    国語教育の判で押したような現代日本語でも、
    やはり地域ごとに語彙や音の差があって
    これらは決して一つに収斂しないのだろうか。
    できれば、収斂しないと良いな、と思う。

全1件中 1 - 1件を表示

今野真二の作品

日本語の近代: はずされた漢語 (ちくま新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本語の近代: はずされた漢語 (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本語の近代: はずされた漢語 (ちくま新書)はこんな本です

ツイートする