反福祉論: 新時代のセーフティーネットを求めて (ちくま新書)

  • 53人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 筑摩書房 (2014年9月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480067975

反福祉論: 新時代のセーフティーネットを求めて (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 反福祉論というタイトルですが、何を論じているのかがあまりはっきりしませんでした。制度による福祉は確かに限界があります。それを補完する実践が必要であり、すでに取り組まれていることも自明です。実践の実例は読みごたえがありました。そこを中心にルポとして、論を展開したほうが著者の言いたかったことがはっきりしたのではと思います。

  • 福祉を社会学で考えたような?本。もっとやわらかい本かと思ったら、むずかしくてほとんど読めなかった。
    いまの福祉の制度や実践からこぼれおちているひとに学ぶことによって、福祉をさらに発展させたいとのことですが、内容がわからなかったので、わたしにはなんとも言えないです。くやしい。

  • <内容>
    本書は新自由主義者の立場から書かれた福祉国家批判ではなく、福祉国家の制度の枠外の人々がどのように生きてきたかその実践をまとめた作品である。
    例えば、大阪空港付近での不法占拠の事例、特定非営利活動法人(ひなたぼっこの事例)などである。

    →福祉制度とは時として逆機能を有し、必要な人を枠外へと排除してしまうおそれもある(例:北九州市における、水際作戦)
    *本書では、制度の枠外の人間が中心部へと包摂されるように主体的に働きかけること、さらに制度の枠外で生存活動におこなうことで福祉の射程がより広がるとしている。

    <感想>
    福祉といえば、当事者からの記述ないし、政治経済からの分析が主流だと思うし実際に多く読んできた。本書は後半部で社会学理論に立ち返り、どう福祉の枠組みを拡大できるかという知的試みは新鮮だった。

  • 既存の福祉の制度からこぼれてしまった時にどうすればいいか、という話だから、別に「反」福祉論ではないかなぁと思った。事例は参考になるが、これをどう活かしていくかと考えたときに、なぜそのようなことが実現したのかという要因の分析などが甘い気がするし、解釈に疑問が残るところはある。5章のイエスに関するくだりは正直なくていいと思った。
    現状の制度でどうにもならないのであれば、生きていくために自分たちでどうにかしていかなかければならないのはその通りであるが、その時に、根本問題から目をそらさないようにしたいと思った。

  • 何かをしなければ「死」という状況では、制度が役に立たないこともある。本書はそこを突破するにあたって、思想的、実践的に極めて興味深い指摘に満ちている。事例(ケース)がとって付けたものではなく、論の血肉になっている。不条理を嘆いているだけでは、明日はこない。たくましさ、生き延びるための優しさが大事なんだな。今の自分に必要な視点であった。

    ・ヨハネ:裁き、イエス:赦し
    ・裏を返せば、福祉という制度から投げ出された人びとの工夫である「生きられた法」は、裏の福祉のあり方そのもの。
    ・「生きられた法」は、法律としてのルールではなく、世界の使い方の実践である。これは法構築理論の「抵抗」のあり方とは一線を画す。

全5件中 1 - 5件を表示

金菱清の作品

反福祉論: 新時代のセーフティーネットを求めて (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

反福祉論: 新時代のセーフティーネットを求めて (ちくま新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

反福祉論: 新時代のセーフティーネットを求めて (ちくま新書)はこんな本です

反福祉論: 新時代のセーフティーネットを求めて (ちくま新書)のKindle版

ツイートする