近代政治哲学:自然・主権・行政 (ちくま新書)

  • 223人登録
  • 3.92評価
    • (13)
    • (21)
    • (12)
    • (1)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 國分功一郎
  • 筑摩書房 (2015年4月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480068200

近代政治哲学:自然・主権・行政 (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 近代政治思想といえば、社会契約説がすぐに頭に浮かぶが、ボダン、スピノザ、ヒューム、そしてカントの政治論をそこに並べてみれば、ホッブズやロックの思想がまた違って見えてくる。

  • ・近代国家(←宗教戦争)←封建国家
    P15〜27
    筆者は封建国家の政治的側面、宗教的側面を近代国家と比較しながら説明し、宗教戦争が封建的秩序の崩壊をもたらすきっかけとなったと語る。
    P27〜33
    ジャン・ボダンは極端な絶対主義擁護論を主張し、そこからは主権という概念が生み出された。それは対外的には戦争による自立性、対内的には立法による超越性によって実現し、その概念はボダンが生み出してから疑われることがなかった。また領土の概念も生まれる。
    P41
    1章のまとめ

    ・自然状態の理論→自然権→社会契約論
    P47前半
    P42〜46のまとめ(自然状態の理論)
    P47〜53
    ホッブズは自然状態を脱却するための理論を説明するため、自然権という概念を生み、それを規制することで国家が創設されるとした。自然権とは自分の力を自分のために好き勝手に用いる自由のことであり、前述のようにそれを皆が行使すれば、戦争状態になる。そこで、その自由をある程度放棄・主権へ譲渡することで(社会契約論)、その契約が国家を生むのである。
    P54〜62


  • たまたま目に入って、気になったので読んでみる。

    フランスのポスト構造主義のドゥルーズの訳者による政治哲学入門と思ったら、実は、こっちのほうが本業らしい。ほ〜。

    かくいうわたしも、実は、政治学のM.A.だったりするので、メジャーな関心に近かったりする。

    といっても、政治哲学をちゃんと勉強したわけでない。が、一応、ホッブス、スピノザ、ロック、ルソー、ヒューム、カント、程度はいろいろだが、読みかじったことはある本たちである。こうした古典を読んでいて、なんだかな〜?と思いつつ、明確に言語化できなかった疑問が、本当にクリアにされていて、すごいスッキリです。目から鱗がたくさんありました。

    他の人が読んでどうなのかは全く分からないけど、個人的にはすごい知的エンターティメントでした。

    ちなみに、読んでいて共感度が高かった哲学者は、スピノザとヒュームかな。このへんは、実は、ドゥルーズとも関連性の強い哲学者だと思うので、ある意味、最初に戻って、やっぱりね、でした。

  • ボダン、ホッブズ、スピノザ、ロック、ルソー、ヒューム、カントの政治哲学について考察している本です。

    単なる概説ではなく、哲学史的な叙述を通して著者自身の政治哲学上の問題意識を明瞭に浮かび上がらせるというスタイルになっています。著者自身の問題意識が最初に見えてくるのは、ロックを扱った章です。ここで著者は、ロックの「自然権」理解があいまいだと批判し、彼が「自然権」という概念のうちに、ほんらいそれに基づいて説明されなければならないはずの規範性が密輸入されていることを指摘しています。

    さらに著者自身の問題意識が明瞭になるのはルソーを扱った章です。ここで著者は、多くの論者たちを悩ませてきた「一般意志」について改めて考察をおこない、一般意志とは、そこから個別的具体的な政策が導き出されるようなものとしてあらかじめ確定することはできず、むしろ立法権に基づく法律の成立をもって一般意志が行使されたとして、遡及的に一般意志が見いだされるという解釈を示しています。

    ここまでくれば、ヒュームの経験論を経て、カントの規範的倫理学に基づく法哲学までは一直線です。この先がおもしろくなるのに……という思いにさせられてしまいますが、「近代政治哲学」という書名のためか、著者自身の政治哲学上の立場を明瞭にすることは控えられています。ただしその方向性は本書の叙述からも十分にうかがえますし、行政権をめぐる議論など、興味深い切り口がいくつも示されていて、読者自身が本書に続く考察を試みることを誘っています。

  • 2016/6/20

  • 近代政治哲学の原点である「主権」・「自然状態」・「社会契約」をボダン、ホッブス、ロック、ルソー、カント、ヒュームらの政治哲学者を俯瞰している作品。

  • ボダン,ホッブス,スピノザ,ロック,ルソー,ヒューム,カントの思想を概括して,自然権に関する論考を延々と述べている.でも,理解しきれない.哲学者の読書量がすごいことが分かった.

  • 緩い封建社会と宗教戦争から主権や自然状態といった概念が生まれ、磨かれ、近代政治哲学が構築されてきたんだけど、それからはみ出たところにある強大な権力を有する行政をどうしていくのか、それが現代の課題であり、近代政治哲学をさらに発展させていく必要性もそこにあるのかな。

  • 結局4ヶ月くらいかかって読んだ。しばらく、頭が働かなくて読めなかったけれど、なんとかカントにたどり着いた。そして、覚えているのはカントの最後の部分だけ。私の理解が間違っていたらごめんなさい。でも、何となくこういうことなのだろう。厳密なことばづかいはお許しを。カントによると民主的ということは原理的に成り立たない。民主的にみんなでいろいろなことを決めることはできる。多数決になるかもしれないけれど、決まりをつくることはできる(国会による立法)。しかし、それを実際に行っていくのは一部の人間による(内閣による行政)。そして、法律をどう解釈して、どう行動に移していくかは、実行していく部分に関わる人によって決まる。「みんなで決めてみんなでやりましょう」というのは学校のクラスくらいならできるのかもしれないが(それもあやうい)、ひとつの自治体とか、国家とかでは無理というものだろう。ちょっと理解があやふやだけれど、いま、日々新聞やテレビなどで議論されていて、問題になっているのは、こういうところに起因しているのかもしれない。ホッブスとかルソーとかも、わかる~と思って読んだのだけれど、いまや全く記憶にない。

  • なぜ私の考えは行政に反映されないのかという疑問をもつ人の為の本。私と主権がどうリンクしているのか、そして主権の在りかは行政にどう働きかけるのか。主権概念の来歴を追うことで、現在の政治のあり方や主権国家システムを相対化することができる内容になっている。
    あまり古典の解説で聞かない内容があっていい。ホッブスの社会契約には二種類あることや、ルソーの一般意志は少数意見に容赦無いことなど。ただカントまでで章が終わっており、少なくともヘーゲルまで読みたかった。ヘーゲルには著者の持論を援用できる内容は少なかったということだろうか。

全18件中 1 - 10件を表示

國分功一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
田中正人
有効な右矢印 無効な右矢印

近代政治哲学:自然・主権・行政 (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

近代政治哲学:自然・主権・行政 (ちくま新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

近代政治哲学:自然・主権・行政 (ちくま新書)のKindle版

ツイートする