食品表示の罠 (ちくま新書)

  • 38人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 山中裕美
  • 筑摩書房 (2015年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480068217

食品表示の罠 (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんとなく見ている食品表示の意味がわかると随分と勘違いしているものが多いです。

    なんとなく健康に良さそう、なんとなく安全そう。

    自分が口にするものに関して全ては無理ですけどある程度は知識があった方が良いでしょうね。

  • デパ地下で売ってるのは対面販売で表示義務がないだけで、添加物とかが入ってないとはかぎらない

    和牛は一定の品種で日本で生まれ育ったもの、国産牛は日本での飼育期間が長いもの

  • 最近テレビでも観たような内容が載ってた

  • 日刊ゲンダイ連載をもとに書かれたもの。
    表示しなくてよい添加物、紛らわしい原材料名や食品表示などの雑学が45個集められている。

  • 請求番号:498.54/Yam
    資料ID:50079811
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 何が罠なのかさっぱりわからない。目新しい内容がないことは読む前から分かってはいたが、本の作り方にも問題がある。目次と本文の内容がいまいち噛み合っていない。大抵は食品表示における説明が初めにあり、日本の基準は緩く欧米の基準は厳しく、原材料名をしっかり確認する、といった展開が続く。一つ一つの項目に各内容がないために、本書を書くために調べたこと並べて書いただけとの印象を受けた。

全6件中 1 - 6件を表示

山中裕美の作品

食品表示の罠 (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

食品表示の罠 (ちくま新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

食品表示の罠 (ちくま新書)はこんな本です

食品表示の罠 (ちくま新書)のKindle版

ツイートする