「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか (ちくま新書)

  • 136人登録
  • 3.49評価
    • (5)
    • (19)
    • (9)
    • (2)
    • (4)
  • 17レビュー
著者 : 浅羽通明
  • 筑摩書房 (2016年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480068835

「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ごもっともかなと思ったり。

  • 痛快すぎる。

  • 反戦・脱原発リベラルが安倍政権に勝てない理由。1)デモだけでは何も結果に繋がらない。また、結果に繋がる決定的なカードを何も持っていない。2)安保法案の阻止や脱原発といった本来の目的と、手段(デモ)が転倒している。仲間内でデモやるだけで自己満足している。3)そのアピールが安倍政権へ投票している層に対して納得させるリアリティに乏しい。自民党に投票する人たちは「意見」は持たないが、それなりの大人の「立場」があるのだそうだ(口利きとか)。

  • 『ニセ学生』以来の浅羽通明。こんな人だったっけ?というのが第一印象。対談本というかインタビュー本で論説にまとまりがなく議論も浅い。勝てない理由は勝てなくても満足しているからというトートロジー的な批判ばかりになっている。「デモ自体に意味が無いとは言わないが、今の自己満足的デモじゃ勝てませんよ。ちゃんと分析しないと。理想主義に走らず、もっと現実を見なさい」というのが言いたい事のようで、具体な解決策の提示は殆どない。批判はそれなりに正しいのだが、脱線しながら同じ事を何度も繰り返して話しているだけで、酔っ払いの居酒屋談義的。これは編集の問題か。ただし、「組織を嫌うワガママがリベラルを勝てなくする」「デモよりストを」というのは傾聴に値するかな。

  • 批判ばかりで面白みのない本。結局何を言いたいのだろうか。

  • リベラルが安倍政権に勝てない理由
    ・決定的なカードを何も持っていない
    実力には実力を伴う行動によってしか倒せない
    ・現実な生活の危機こそがはるかなリアルで優先すると言うことが分かっていない。

    力がなかったらぶつくさ文句を言っても仕方がないということか。

  • 効果測定や事後検証の必要性、翻って政策目的達成のための戦略・戦術立案の必要性、サラリーマンや実務家社会人を巻き込む必要性は完全に同意できる。

    しかし、リベラリストが共有している、言論の自由が失われ始めていること、その結果、民主主義が機能不全に陥っていることの現状認識を(敢えて?)無視して、その主張・論証に反論せずに人身攻撃論法を多用している点がとても下品で、読んでいて嫌になる。もともと著者は民主主義にも懐疑的な立場らしいので、リベラリストの危機感を共有できないのは致し方ないのかもしれないが。

    著者がどんなに歴史や思想史に詳しくても、個人が自分で考えて行う行動(デモへの参加など)と、個人が思考停止して全体主義的権威からの命令に従った戦時中の竹槍訓練とを同視して、自分の冷笑的態度を正当化する著者のスタンスに、どうしても共感できない。

    いわゆる保守とも距離をおく本書にも共感できる人が意外と多いのが、リベラルの難しさなんだろう。

  • デモで社会を動かすには、という話。トクヴィルの「フランス二月革命の日」ぐらいの圧力がないと単なる自己満足、ガス抜きにしかならない。たぶんこれが本当。上から絆とか言われて頑張っちゃう社会ははどうなんだろ

  • 作者の言いたい事がよくつかめなかった。
    原発は再稼働していってるし、安保法案は可決されたわけで、デモの効果はなんぞやとなるでしょう。敗北の過程にあることは否めませんが、今後も継続していくなかで、ただ反対と繰り返すことに疑問をもつに至り、デモの発展もありうるので、敗北と決めつけるのは早計のような気が致しました。

  • 本人自身も言う嫌味系リベラル批判。
    造詣は深いと思えるが、単なる厭味やこけおどしか、あるいはエールなのか浅薄な頭脳では理解出来ず。

全17件中 1 - 10件を表示

浅羽通明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか (ちくま新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか (ちくま新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか (ちくま新書)はこんな本です

「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか (ちくま新書)のKindle版

ツイートする