集合住宅: 二〇世紀のユートピア (ちくま新書)

  • 37人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 松葉一清
  • 筑摩書房 (2016年8月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480069085

集合住宅: 二〇世紀のユートピア (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白さより違和感の方が大きかった。
    20世紀前半の欧州の集合住宅を扱っているが、労働者向けの住宅供給事業の目的は、著書の言うように格差解消なんかではなく、公衆衛生の改善による国力増強である。ピケティなんぞ引き合いに出すあたり、過去に見たいものを見出すアナクロニズムで、ヴァイゼンホフ・ジードルンクや、カール・マルクス・ホフをまた作れば格差が解消されるわけでもない。
    日本は軍艦島と同潤会ぐらいしか紹介が無いが、同潤会が一つも残っていないのをノスタルジックに嘆くより、そろそろ戦後のニュータウンの総括をして欲しい。まだ歴史家の手にはあまるのだろうか。
    まあでも、いろいろ考えが浮かぶあたり、近代建築史は現代と地続きで楽しいな。

全2件中 1 - 2件を表示

松葉一清の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

集合住宅: 二〇世紀のユートピア (ちくま新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

集合住宅: 二〇世紀のユートピア (ちくま新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

集合住宅: 二〇世紀のユートピア (ちくま新書)はこんな本です

集合住宅: 二〇世紀のユートピア (ちくま新書)のKindle版

ツイートする